Performance

Performance インターフェイスは、現在のページのパフォーマンス関連情報へのアクセスを提供します。これは High Resolution Time API の一部ですが、Performance Timeline API、Navigation Timing API、User Timing API、および Resource Timing API によって拡張されています。

このタイプのオブジェクトは読み取り専用属性 window.performance を呼び出すことで取得できます。

メモ: このインターフェイスとそのメンバーは、以下に示されている場合を除き、Web Workers で利用可能です。 パフォーマンスマーカーと測定値はコンテキストごとにあることにも注意してください。メインスレッド (または他のワーカー) にマークを作成した場合、それを Worker スレッドには表示できません (その逆も同様)。

プロパティ

Performance インターフェイスはプロパティを継承しません。

Deprecated performance.navigation 読取専用

ページがロードかリフレッシュか、リダイレクトの発生回数など、timing にリストされている時間に含まれる操作に関する有用なコンテキストを提供するレガシー PerformanceNavigation オブジェクト。Worker では利用できません。

Deprecated performance.timing 読取専用

待ち時間関連のパフォーマンス情報を含むレガシー PerformanceTiming オブジェクト。Worker には利用できません。

performance.memory (en-US) Non-standard

Chrome で追加された非標準の拡張子で、このプロパティは基本的なメモリ使用量情報を持つオブジェクトを提供します。この非標準の API を使うべきではありません

performance.timeOrigin 読取専用 Non-standard

パフォーマンス測定の開始時刻のハイレゾリューションタイムスタンプを返します。

メソッド

Performance インターフェイスはメソッドを継承しません。

performance.clearMarks()

ブラウザーのパフォーマンスエントリバッファから指定されたマークを削除します。

performance.clearMeasures()

ブラウザーのパフォーマンスエントリバッファから指定された数値を削除します。

performance.clearResourceTimings()

ブラウザーのパフォーマンスデータバッファから "resource" の entryType を持つすべての performance entries を削除します。

performance.getEntries()

与えられたフィルタに基づく PerformanceEntry オブジェクトのリストを返します。

performance.getEntriesByName()

指定された名前エントリタイプに基づいて PerformanceEntry オブジェクトのリストを返します。

performance.getEntriesByType()

与えられたエントリタイプPerformanceEntry オブジェクトのリストを返します。

performance.mark()

指定された名前でブラウザーのパフォーマンスエントリバッファタイムスタンプを作成します。

performance.measure()

指定された 2 つのマーク (それぞれ開始マーク終了マークと呼ばれる) の間に、ブラウザーのパフォーマンスエントリバッファ内に名前付きタイムスタンプを作成します。

performance.now()

参照時点から経過したミリ秒数を表す DOMHighResTimeStamp を返します。

performance.setResourceTimingBufferSize()

ブラウザーのリソースタイミングバッファサイズを、指定された数の "resource" タイプ パフォーマンスエントリ オブジェクトに設定します。

performance.toJSON()

Performance オブジェクトを表す json オブジェクトを返す jsonizer です。

イベント

addEventListener() を使用するか、このインターフェイスの oneventname プロパティにイベントリスナを割り当てることで、イベントを監視します。

resourcetimingbufferfull

ブラウザーのリソースタイミングバッファがいっぱいになったときに発生します。onresourcetimingbufferfull プロパティからも利用できます。

仕様書

仕様書 ステータス コメント
High Resolution Time Level 2
toJSON() の定義
勧告 toJson() メソッドを定義します。
High Resolution Time
Performance の定義
勧告 now() メソッドを定義します。.
Navigation Timing
Performance の定義
勧告 timingnavigation プロパティを定義します。
Performance Timeline Level 2
Performance extensions の定義
勧告候補 getEntries() インターフェイスを変更します。
Performance Timeline
Performance extensions の定義
勧告 getEntries()getEntriesByType() および getEntriesByName() メソッドを定義します。
Resource Timing Level 1
Performance extensions の定義
勧告候補 clearResourceTimings()setResourceTimingBufferSize() メソッド、そして onresourcetimingbufferfull プロパティを定義します。
User Timing Level 2
Performance extensions の定義
草案 mark()clearMark()measure() および clearMeasure() インターフェイスを明確にします。
User Timing
Performance extensions の定義
勧告 mark(), clearMark(), measure() および clearMeasure() インターフェイスを定義します。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser