非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

CSS-webkit-overflow-scrolling プロパティは、指定された要素で惰性付き (momentum-based) のスクロールを使用するかどうかを制御します。

初期値auto
適用対象スクロールするボックス
継承なし
メディア視覚
計算値指定値
アニメーションの種類個別
正規順序形式文法における値の出現順

auto
「通常」のスクロールで、タッチパネルから指を離すとすぐにコンテンツはスクロールが停止します。
touch
惰性付きのスクロールで、コンテンツはスクロールのジェスチャーが終了し、タッチパネルから指を離した後もスクロールを続けます。スクロールを続ける速度と期間は、スクロールのジェスチャーがどれだけすばやく行われたかによります。また、新しい重ね合わせコンテキストを生成します。

形式文法

auto | touch

-webkit-overflow-scrolling: touch; /* 惰性でスクロールさせる */

-webkit-overflow-scrolling: auto; /* 直ちにスクロールを止める */

仕様書

仕様書では定義されていません。 Apple には Safari CSS Reference に説明があります。

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 なし なし なし なし なし なし
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 なし なし なし なし なし5 なし

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,