JavaScript は Web ページ上に複雑なものを実装することを可能にするプログラミング言語です。Web ページが表示されるたびに静的な情報が表示されるだけでなく、タイムリーにコンテンツを更新したり、インタラクティブマップやアニメーション 2D / 3D グラフィックスを表示したり、またはビデオジュークボックスが流れたりします。ほかにもありますが、これらは 間違いなくJavaScript が関係しています。

学習の道筋

JavaScript は HTML や CSS などの関連技術よりもきっと学ぶのが難しいでしょう。 JavaScript を習得する前に、まずこれらの2つの技術、そしておそらく他の技術を熟知しておくことを強くおすすめします。先ず次のモジュールを実施してください :

以前の他の言語での経験は手助けになるでしょう。

JavaScript の基本をよく理解できたら、より高度なトピックについて学ぶことができることでしょう。高度なトピックは例えば次のものです:

モジュール

このトピックでは次のモジュールが含まれます。これらは推奨順です。

JavaScript の第一歩
最初の JavaScript の項目では、まず JavaScript を書く初めての実践的な体験に進む前に、「 JavaScript とは何か」、「どのように見えるか」、「何ができるのか?」などの基本的な質問に答えます。その後、変数、文字列、数値、配列などの JavaScript の主要機能について詳しく説明します。
JavaScript の構成要素
このモジュールでは、条件文、ループ、関数、イベントなど一般的に発生するコードブロックの種類に注目し、 JavaScript の重要な基本機能をすべてカバーしていきます。これまでにみたか、どこかで目にしたことでしょうが、ここではすべて明示的に説明を行います。
JavaScript オブジェクトの紹介
JavaScript では、文字列や配列などの JavaScript のコア機能から、 JavaScript の上に構築されたブラウザ API まで、ほとんどのものがオブジェクトです。 関連する関数や変数を効率的なパッケージにカプセル化して独自のオブジェクトを作成することもできます。 JavaScript のオブジェクト指向の性質は、言語に関する知識をさらに深め、より効率的なコードを書く場合に理解するために重要です。それゆえ、このモジュールを用意しました。 ここではオブジェクトの理論と構文を詳しく説明し、独自のオブジェクトを作成する方法を見て、JSON のデータとその使い方を説明します。
クライアントサイドの Web API
Web サイトやアプリケーション用のクライアントサイド JavaScript を記述するときは、API を使い始める前に、サイトが実行されているブラウザやオペレーティングシステムのさまざまな側面、または他の Web サイトやサービスのデータを操作するためのインターフェイスといったものがあるので、すぐには進みません。このモジュールでは、API が何であるか、開発作業で頻繁に出くわす最も一般的な API を使用する方法について説明します。

よくある JavaScript の問題を解決する

よくある JavaScript の問題を解決する では、Webページの作成時に、とてもよくある問題を解決するために JavaScript を使用する方法を説明するコンテンツのセクションへのリンクを提供します。

参照

MDN 上の JavaScript
MDN の主要な JavaScript ドキュメントの主要なエントリポイントです。ここでは、JavaScript 言語のあらゆる側面に関する広範なリファレンスドキュメント、および経験豊富な JavaScripter を対象とした高度なチュートリアルがあります。
Coding math
Keith Peters による、有能なプログラマーを理解するのに必要な数学の優れたビデオチュートリアルのシリーズ。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: thinking-capybara, Shonanpooh, Uemmra3, T.Ukegawa, nabepuro
最終更新者: thinking-capybara,