計算値

概要

CSS プロパティの計算値は、次のことによって指定値から計算されます:

  • 特別な値である inherit および initial を扱う、または
  • プロパティの概要の"計算値"に書かれた値を達成するのに必要な計算をする。

プロパティの"計算値"を達成するのに必要な計算は、一般的に、('em' 単位やパーセントなどの) 相対値を絶対値に転換する計算を含みます。

例えば、ある要素に font-size: 16pxpadding-top: 2em が指定された場合、padding-top の計算値は 32px (フォントサイズの 2 倍) になります。

しかしながら、いくつかのプロパティ (width および margin-right, text-indent, top など、レイアウトの定義に必要ものに対する割合が相対的なもの) でパーセント指定された値はパーセント計算された値に変わります。さらに、line-height に指定された単位なしの値は、指定された計算値になります。これらの計算値に残った相対的な値は、使用値が定義された場合、絶対値になります。

計算値を使用する主なものは、inherit キーワードを含む継承です(指定値使用値の間の手順を除く)

注記

getComputedStyle DOM API は、 計算値ではなく、使用値を返します。

仕様

CSS 2.1 Assigning property values #computed-value

参照

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: ethertank, sii, Mgjbot, Marsf
 最終更新者: ethertank,