マージンの相殺

ブロックの先頭末尾のマージンは、それぞれのマージンの最も大きい寸法 (または等しい場合はいずれか1つ) の単一のマージンに結合される (折り畳まれる (collapsed)) ことがあり、マージンの相殺という動作として知られています。なお、浮動要素と絶対位置指定要素では折り畳まれません。

マージンの相殺は、基本的に3つの場合に発生します。

隣接兄弟要素
隣接兄弟要素のマージンは相殺されます (後ろの兄弟要素がそれ以前の浮動状態を 解除 (clear) する必要がある場合を除く)。
親と子孫を隔てるコンテンツがない場合
あるブロックの margin-top と、1つ以上の子孫ブロックの margin-top を隔てる境界、パディング、インライン部分、 ブロック整形コンテキストの生成、浮動の解除 (clear) のいずれもがない場合、もしくは、あるブロックの margin-bottom と1つ以上の子孫ブロックの margin-bottom を隔て境界、パディング、インラインコンテンツ、 height, min-height, max-height のいずれもがない場合、それぞれマージンが折り畳まれます。折り畳まれた側のマージンは、親要素の外側に出ます。
空ブロック
あるブロックの margin-topmargin-bottom と隔てる境界、パディング、インラインコンテンツ、 height, min-height のいずれもがない場合、上端と下端のマージンは相殺されます。

注意すべきことがいくつかあります。

  • これらのケースが組み合わさると、もっと複雑な (3つ以上の) マージンの相殺が発生します。
  • このルールはマージン幅がゼロの場合にも当てはまるので、親要素のマージンがゼロであるかどうかに関わらず、先頭/末尾の子要素のマージンは最終的に、 (上のルールに従って) その親要素より外側に出ます。
  • 負のマージンが含まれる場合には、相殺されるマージンの大きさは、一番大きな正のマージンと一番小さな (もっともマイナス寄りの) マージンの合計値になります。
  • すべてのマージンが負の場合、折りたたまれたマージンのサイズは、最小の (最もマイナス寄りの) マージンとなります。これは、隣接する要素と入れ子になった要素の両方に適用されます。

HTML

<p>The bottom margin of this paragraph is collapsed …</p>
<p>… with the top margin of this paragraph, yielding a margin of <code>1.2rem</code> in between.</p>

<div>This parent element contains two paragraphs!
  <p>This paragraph has a <code>.4rem</code> margin between it and the text above.</p>
  <p>My bottom margin collapses with my parent, yielding a bottom margin of <code>2rem</code>.</p>
</div>

<p>I am <code>2rem</code> below the element above.</p>

CSS

div {
  margin: 2rem 0;
  background: lavender;
}

p {
  margin: .4rem 0 1.2rem 0;
  background: yellow;
}

仕様書

仕様書 状態 備考
CSS Level 2 (Revision 1)
margin collapsing の定義
勧告 初回定義

関連情報