element.querySelectorAll

Element の querySelectorAll() メソッドは対象要素の子孫の内、与えられた CSS セレクターに一致する要素リストを示す静的な(生きていない) NodeList を返します(起点となる要素は、たとえマッチしていても含まれません)。

注: このメソッドは ParentNode ミックスインの querySelectorAll() メソッドを元に実装されています。

構文

elementList = parentNode.querySelectorAll(selectors);

引数

selectors
マッチのための 1 つまたは複数のセレクターを含む DOMString です。この文字列は妥当な CSS セレクター文字列でなければならず、そうでない場合は SyntaxError 例外がスローされます。セレクターの仕様と要素の識別の詳細は、セレクターを使用した DOM 要素の特定を参照してください。複数のセレクターを指定する際は、カンマで区切ります。

注: 標準の CSS 構文の一部ではない文字は、バックスラッシュ文字を使ってエスケープしなければなりません。 JavaScript でもバックスラッシュによるエスケープが使われているため、これらの文字を使った文字列リテラルを記述する際は、特に注意する必要があります。詳細は特殊文字のエスケープを参照してください。

戻り値

指定されたセレクターのうち1つ以上にマッチする Element オブジェクトを含んだ非ライブな NodeList です。

メモ: 指定した selectors にCSS 疑似要素が含まれている場合、返されるリストは常に空になります。

例外

SyntaxError
指定した selectors の構文が妥当ではない。

dataset セレクターと属性セレクター

<section class="box" id="sect1">
  <div class="funnel-chart-percent1">10.900%</div>
  <div class="funnel-chart-percent2">3700.00%</div>
  <div class="funnel-chart-percent3">0.00%</div>
</section>
// dataset セレクター
const refs = [...document.querySelectorAll(`[data-name*="funnel-chart-percent"]`)];

// 属性セレクター
// const refs = [...document.querySelectorAll(`[class*="funnel-chart-percent"]`)];
// const refs = [...document.querySelectorAll(`[class^="funnel-chart-percent"]`)];
// const refs = [...document.querySelectorAll(`[class$="funnel-chart-percent"]`)];
// const refs = [...document.querySelectorAll(`[class~="funnel-chart-percent"]`)];

一致のリストを入手する

次の例では、myBox 要素の中に存在するすべての <p> 要素の NodeList を取得しています。

var matches = myBox.querySelectorAll("p");

次の例では、mybox 内にある note または alert のいずれかのクラスを持つ、すべての <div> 要素のリストを返します。

var matches = myBox.querySelectorAll("div.note, div.alert");

次の例では、test という ID を持つコンテナー内に位置し、直接の親要素が highlighted のクラスを持つ div である p 要素のリストを取得します。

var container = document.querySelector("#test");
var matches = container.querySelectorAll("div.highlighted > p");

次の例では、属性セレクターを使って、文書内にある、 data-src 属性を持つ文書内の iframe 要素のリストを返します。

var matches = domument.querySelectorAll("iframe[data-src]");

次の例では、属性セレクターを使って、「ID が userlist である要素内の、data-active 属性を持ち、その値が 1 である要素群」のリストを返します。

var container = document.querySelector("#userlist");
var matches = container.querySelectorAll("li[data-active='1']");

一致したリストへアクセスする

一旦、一致した要素の NodeList} が返されると、それをちょうど配列のように試すことができます。配列が空である (length プロパティが 0 である) 場合は、一致がなかったということです。

それ以外の場合は、単純に標準の配列表記を使って、リストの内容にアクセスすることができます。次のように、任意の一般的なループ処理を使うことができます。

var highlightedItems = userList.querySelectorAll(".highlighted");

highlightedItems.forEach(function(userItem) {
  deleteUser(userItem);
});

注: NodeList は純正な配列ではないので、slice, some, map などのArray メソッドを持っていません。Array.from(nodeList) を使うことで純正の配列に変換することができます。

特殊な例

querySelectorAll() は、最も一般的な JavaScript DOM ライブラリと異なる動作を持ち、意図しない結果をもたらすことがあります。

HTML

次の、入れ子になった 3 つの <div> ブロックを持つ HTML について検討します。

<div class="outer">
  <div class="select">
    <div class="inner">
    </div>
  </div>
</div>

JavaScript

var select = document.querySelector('.select');
var inner = select.querySelectorAll('.outer .inner');
inner.length; // 1, not 0!

この例では、"select" class を持つ <div> の文脈で ".outer .inner" を選択するとき、.outer が基準となる要素(.select で検索される)の子孫ではないにもかかわらず、".inner" class を持つ要素が見つけられています。querySelectorAll() はデフォルトでは、セレクターの最後の要素が検索スコープに含まれているかどうかのみ検証します。

:scope 擬似クラスを使うと、基準となる要素の子孫だけが一致するようになり、期待される挙動を取り戻すことができます。

var select = document.querySelector('.select');
var inner = select.querySelectorAll(':scope .outer .inner');
inner.length; // 0

仕様

仕様書 策定状況 コメント
DOM
ParentNode.querySelectorAll() の定義
現行の標準 Living standard
Selectors API Level 2
ParentNode.querySelectorAll() の定義
廃止 変更なし
DOM4
ParentNode.querySelectorAll() の定義
廃止 初期定義
Selectors API Level 1
querySelectorAll の定義
廃止 初期定義

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報