このページの最終更新日は、2008 年 01 月 27 日です。内容が古くなっています。英語版の最新の内容も合わせてご確認下さい。

概要

window.getComputedStyle() メソッドは、要素に適用されたスタイルの値を基本的な値に計算し直した後、すべてのCSSプロパティの値を返します。

構文

var style = window.getComputedStyle(element,pseudoElt);
  • element は、計算されたスタイルを取得するelement オブジェクトです。
  • pseudoElt は、マッチさせたい疑似要素を指定する文字列です。通常要素には空文字列を指定してください。
  • style は、CSSStyleDeclaration オブジェクトです。

var element = document.getElementById(“elemId”);
var style = document.defaultView.getComputedStyle(element,pseudoElt);

詳細

返るオブジェクトは、要素の style プロパティから返るオブジェクトと同じ型ですが、2 つのオブジェクトの用途は異なります。getComputedStyle から返るオブジェクトは、読み込み専用であり、要素のスタイルを調べるために使われます。elt.style オブジェクトは、指定する要素のスタイルを設定するために使われます。

仕様

DOM Level 2 Style: getComputedStyle

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: mdnwebdocs-bot,