<basefont>

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

<basefont>HTML の要素で、子孫要素の既定のフォントの種類、大きさ、色を設定します。設定すると、 <font> を使用したフォントの大きさは基本の大きさから相対的なものになります。

この要素は使用しないでください。要素やそのコンテンツのフォントの設定を変更するには、代わりに、 font, font-family, font-size, color を使用してください。

属性

他の全ての HTML 要素と同様に、この要素はグローバル属性に対応しています。

color

この属性は、テキストの文字色を色名または 16 進の #RRGGBB 表記で設定します。

face

この属性は、 1 つ以上のフォント名のリストです。文書の文字列は既定のスタイルで、クライアントのブラウザーがサポートする最初のフォント書体を使用して表示します。リスト内のフォントがローカルシステムにインストールされていない場合、一般的にブラウザーはシステムのプロポーショナルフォントまたは等幅フォントを既定値にします。

size

この属性は、フォントのサイズを数値または相対値で指定します。数値の範囲は 1 から 7 で、 1 が最小、 3 が既定値です。

使用上のメモ

**この要素を使用しないでください!**この要素は主要ブラウザー間での一貫した実装がないまま、一度 HTML 3.2 の仕様として策定されました。さらに、その後のブラウザーのバージョンアップでも一貫した実装は行なわれませんでした。これを使用しても、常に不確実な結果しかもたらされませんでした。

<basefont> 要素は、スタイル付けのみを目的とした他の要素と同時に、既に非推奨になっています。 HTML 4 より、 HTML はスタイル情報を伝えなくなりました(<style> 要素や各要素の style 属性を除く)。 HTML5 では、この要素は完全に削除されました。新たなウェブ開発では、スタイルを CSS のみで記述してください。

以前の <font> 要素の動作は CSS フォントのプロパティで実現でき、またより細かく制御できます。

DOM インターフェイス

この要素は HTMLBaseFontElement (en-US) インターフェイスを提供します。

<basefont color="#FF0000" face="Helvetica" size="+2" />

仕様書

Specification
HTML Standard
# basefont

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

メモ

  • HTML 3.2 は basefont 要素に対応していますが、 size 属性のみです。
  • HTML および XHTML の strict 仕様では、この要素に対応していません。
  • Mozilla や Opera などの一部の標準志向ブラウザーは、これが transitional の標準仕様の一部であるにもかかわらず、この要素に対応していません。
  • この要素は、 <body> 要素の CSS ルールで模倣できます。
  • XHTML 1.0 では <basefont /> のように末尾のスラッシュが必要です。