廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

廃止された HTML の基本フォント要素 (<basefont>) は、子孫要素の既定のフォントの種類、大きさ、色を設定します。設定すると、 <font> を使用したフォントの大きさは基本の大きさから相対的にな物になります。

この要素は使用しないでください。要素やそのコンテンツのフォントの設定を変更するには、代わりに、 font, font-family, font-size, color を使用してください。

属性

他の全ての HTML 要素と同様に、この要素はグローバル属性に対応します。

color
この属性は、テキストの文字色を色名または16進の #RRGGBB 表記で設定します。
face
この属性は、1つ以上のフォント名のリストです。文書の文字列は既定のスタイルで、クライアントのブラウザーがサポートする最初のフォント書体を使用して表示します。リスト内のフォントがローカルシステムにインストールされていない場合、一般的にブラウザーはシステムのプロポーショナルフォントまたは等幅フォントを既定値にします。
size
この属性は、フォントのサイズを数値または相対値で指定します。数値の範囲は1から7で、1が最小、3が既定値です。

使用上のメモ

この要素を使用しないでください!この要素は主要ブラウザー間での一貫した実装がないまま、一度 HTML 3.2 の仕様として策定されました。さらに、その後のブラウザーのバージョンアップでも一貫した実装は行なわれませんでした。これを使用しても、常に不確実な結果しかもたらされませんでした。

<basefont> 要素は、スタイルの調整用途の為のみの他の要素と同時に、既に非推奨になっています。 HTML 4 より、HTML はスタイル情報を伝えなくなりました(<style> 要素や各要素の style 属性を除く)。 HTML5 では、この要素は完全に削除されました。新たなウェブ開発では、スタイルを CSS のみで記述してください。

以前の <font> 要素の動作は CSS フォントのプロパティで実現でき、またより詳しく制御できます。

DOM インターフェイス

この要素は HTMLBaseFontElement インターフェイスを提供します。

<basefont color="#FF0000" face="Helvetica" size="+2" />

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
基本対応
非推奨
Chrome 未対応 なしEdge 完全対応 ありFirefox 未対応 なしIE 完全対応 ありOpera 未対応 なしSafari 未対応 なしWebView Android 未対応 なしChrome Android 未対応 なしEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 未対応 なしOpera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。

メモ

  • HTML 3.2 は basefont 要素に対応していますが、 size 属性のみです。
  • HTML および XHTML の strict 仕様では、この要素に対応していません。
  • Mozilla や Opera などの一部の標準志向ブラウザーは、これが transitional の標準仕様の一部であるにもかかわらず、この要素に対応していません。
  • この要素は、 <body> 要素の CSS 規則で模倣できます。
  • XHTML 1.0 では <basefont /> のように末尾のスラッシュが必要です。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yyss, fscholz, ethertank
最終更新者: mfuji09,