WOFF (Web Open Font Format)

WOFF (Web Open Font Format) は、Mozilla が Type Supply や LettError、他の組織と提携して開発した新しい Web フォント形式です。これは、TrueType および OpenType, Open Font Format に使用されているテーブルベースの sfnt 構造と同じ圧縮されたバージョンを使用しています。WOFF には、これにメタデータと個人利用のためのデータ構造が追加されており、作成者とベンダーがライセンス情報を書き込むことができる予約フィールドも含まれています。

WOFF の使用には 3 つの利点があります:

  1. フォントデータが圧縮されているため、サイトで WOFF を使用すると、無圧縮の TrueType や OpenType ファイルの使用と比べて帯域を抑えることができ、読み込み時間も短縮されます。
  2. 自社の TrueType や OpenType 形式のフォントが Web 上で使用されること許可したくない多くのフォントベンダーは、WOFF 形式のフォントなら使用を許可できるでしょう。これは、サイトのデザイナーに対してフォントの可用性を高めることになります。
  3. プロプライエタリなブラウザベンダーもフリーソフトウェアのブラウザベンダーも、WOFF 形式を好んでいます。つまり、他の既存のフォント形式と異なり、WOFF 形式のフォントが、Web のための真にユニバーサルで相互運用が可能なフォント形式になる可能性があります。

WOFF と WOFF2 という、2 つのバージョンの WOFF があります。これらの主な違いは、使用する圧縮アルゴリズムです。@font-face では format 記述子で、それぞれ 'woff''woff2' で識別されます。

WOFF の使用

Web コンテンツのテキストに WOFF フォントを使用するには、@font-face CSS プロパティを使用します。これは、OpenType や TrueType 形式のフォントの使用方法と同じです。WOFF 形式のフォントは圧縮されているため、より効率的にコンテンツがダウンロードされるでしょう。

WOFF フォントを扱うためのツール

仕様

仕様書 策定状況 コメント
WOFF File Format 2.0 勧告候補 新しい圧縮アルゴリズム
WOFF File Format 1.0 勧告 最初期の仕様

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 6.0 3.5 (1.9.1) 9.0 11.10 5.1
WOFF2 36 39 (39)[1] 未サポート 24 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? (有) 1.0 (1.9.1) ? ? ?
WOFF2 未サポート 38 39.0 (39)[1] 未サポート ? 未サポート

[1] Gecko 35 から Gecko 38 までの WOFF2 サポートは、Aurora および Nightly 版のみで、デフォルトで有効にしていました。Beta および Release 版で使用するには、設定項目 gfx.downloadable_fonts.woff2.enabled を true に変更しなければなりません。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: yyss, fscholz, ethertank, ziyunfei, Marsf
 最終更新者: yyss,