MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

本章では、JavaScript での数値と日付の取り扱い方について紹介します。

数値

JavaScript では、数値はすべて 64 ビット倍精度浮動小数点数のフォーマットである IEEE 754(すなわち、-(253-1) と 253-1 の間の数値)にしたがって実装されています。整数用の型は存在しません。浮動小数点数の表現に加えて、数値型は3つの記号的な値を持っています: +Infinity-InfinityNaN(非数、not-a-number)です。JavaScript における他のプリミティブ型との関わりについては、JavaScript のデータ型とデータ構造 もご覧ください。

4 種類の数値リテラル、10 進数、2 進数、8 進数、16 進数を使用することができます。

10 進数

1234567890
42

// 先行ゼロを使用するときは気をつけて:

0888 // 10 進数として 888 と解析される
0777 // Strict モードでない場合 8 進数として解析される(10 進数の 511 になる)

10 進数リテラルはゼロ (0) から始めて、それ以降に 10 進の桁を続けることが可能ですが、0 に続く次の数値が 8 より小さい場合、その数値は 8 進数として解析されることに注意してください。

2 進数

2 進数の構文では、先行ゼロの後に小文字または大文字の "B" を使います(0b または 0B)。0b の後の数値が 0 または 1 ではない場合、次の SyntaxError が発生します: "Missing binary digits after 0b"(0b の後に 2 進数の桁がありません)。

var FLT_SIGNBIT  = 0b10000000000000000000000000000000; 
                // 2147483648
var FLT_EXPONENT = 0b01111111100000000000000000000000;
                // 2139095040
var FLT_MANTISSA = 0B00000000011111111111111111111111;
                // 8388607

8 進数

8 進数の構文では、先行ゼロを使用します。0 の後の数値が 0 から 7 の範囲外の場合、数値は 10 進数として解釈されます。

var n = 0755; // 493
var m = 0644; // 420

ECMAScript 5 における Strict モードでは上記の 8 進数記法を禁じています。8 進数記法は ECMAScript 5 仕様の一部ではありませんが、すべてのブラウザで先行ゼロによる 8 進数記法をサポートしています。ECMAScript 6 ではまた、先行ゼロの後に小文字または大文字の "O"(0o または 0O)を使う 8 進数構文をサポートしています。この構文は Strict モードでも機能します。

var a = 0o10; // ES6: 8 進数

16 進数

16 進数の構文では、先行ゼロの後に小文字または大文字の "X" を使います(0x または 0X)。0x の後の数値が範囲 (0123456789ABCDEF) 外の場合、次の SyntaxError が発生します: "Identifier starts immediately after numeric literal"(数値リテラルの直後に識別子があります)。

0xFFFFFFFFFFFFFFFFF // 295147905179352830000
0x123456789ABCDEF   // 81985529216486900
0XA                 // 10

指数表現

1E3   // 1000
2e6   // 2000000
0.1e2 // 10

Number オブジェクト

ビルトイン Number オブジェクトは最大値、NaN、無限大といった数値定数のプロパティを持っています。これらのプロパティの値は変更できません。下記のように使用します:

var biggestNum = Number.MAX_VALUE;
var smallestNum = Number.MIN_VALUE;
var infiniteNum = Number.POSITIVE_INFINITY;
var negInfiniteNum = Number.NEGATIVE_INFINITY;
var notANum = Number.NaN;

自作した Number オブジェクトのプロパティではなく、上記の定義済み Number オブジェクトのプロパティを常に参照してください。

次表は Number オブジェクトプロパティの要約です。

Number オブジェクトプロパティ
プロパティ 説明
Number.MAX_VALUE 表現可能な最大値。
Number.MIN_VALUE 表現可能な最小値。
Number.NaN 非数を表す特別な値。
Number.NEGATIVE_INFINITY 負の無限大を表す特別な値。オーバーフローした際に返されます。
Number.POSITIVE_INFINITY 正の無限大を表す特別な値。オーバーフローした際に返されます。
Number.EPSILON Number オブジェクトで表現可能な、ある数とそれよりも大きい最小数との差分値(計算機イプシロン)。
Number.MIN_SAFE_INTEGER JavaScript で正確に扱える最小の整数値。
Number.MAX_SAFE_INTEGER JavaScript で正確に扱える最大の整数値。
Number オブジェクトメソッド
メソッド 説明
Number.parseFloat() 文字列引数を解析し、浮動小数点数を返します。
グローバル関数 parseFloat() と同等。
Number.parseInt() 文字列引数を解析し、指定された根(基数)の整数を返します。
グローバル関数 parseInt() と同等。
Number.isFinite() 渡された値が有限数であるか否かを判定します。
Number.isInteger() 渡された値が整数であるか否かを判定します。
Number.isNaN() 渡された値が NaN(非数)であるか否かを判定します。原型となったグローバル関数 isNaN() よりもロバストな(対応能力が強い)バージョン。
Number.isSafeInteger() 渡された値が正確に扱える整数であるか否かを判定します。

Number オブジェクトのプロトタイプは様々なフォーマットの Number オブジェクトから情報を取得するメソッドを提供します。次表は Number.prototype のメソッドの要約です。

Number.prototype メソッド
メソッド 説明
toExponential() 指数表記の数値を表す文字列を返します。
toFixed() 固定小数点表記の数値を表す文字列を返します。
toPrecision() 特定の精度の固定小数点表記による数値を表す文字列を返します。

Math オブジェクト

ビルトイン Math オブジェクトは数学定数および数学関数のためのプロパティとメソッドを有しています。例えば、Math オブジェクトの PI プロパティは π (3.141...) の値を持ちます。以下のようにアプリケーション内で使用できます。

Math.PI

同様に、標準的な数学関数が Math のメソッドにあります。数学関数には、三角関数、対数、指数、およびその他の機能が含まれます。例えば、三角関数 sin を使用したい場合、下記のように記述します。

Math.sin(1.56)

Math のすべての三角関数メソッドはラジアンで引数を取ることに注意してください。

次表は Math オブジェクトメソッドの要約です。

Math オブジェクトメソッド
メソッド 説明
abs() 絶対値。
sin(), cos(), tan() 標準三角関数。引数はラジアン。
asin(), acos(), atan(), atan2() 逆三角関数。戻り値はラジアン。
sinh(), cosh(), tanh() 双曲線三角関数。戻り値はラジアン。
asinh(), acosh(), atanh() 逆双曲線三角関数。戻り値はラジアン。

pow(), exp()expm1(), log10(), log1p(), log2()

指数と対数関数。
floor(), ceil() 引数以下の最大の整数値、または引数以上の最小の整数値を返します。
min(), max() コンマで区切られた数値リストの引数から最小値または最大値をそれぞれ返します。
random() 0 から 1 の間のランダムな数値を返します。
round(), fround(), trunc(), 丸めと切り捨て関数。
sqrt(), cbrt(), hypot() 平方根、立方根、引数の二乗の和の平方根を返す。
sign() 数の符号、すなわち数が正、負またはゼロかどうかを返します。
clz32(),
imul()
32 ビットのバイナリ表現にした場合の先行ゼロの個数を返す関数。
2 つの引数を C 言語のように 32 ビット乗算した結果を返す関数。

他の多くのオブジェクトとは異なり、決して独自の Math オブジェクトを生成しないでください。常にビルトイン Math オブジェクトを使用してください。

Date オブジェクト

JavaScript には日付のためのデータ型がありません。しかし、アプリケーション内で日付を取り扱うための Date オブジェクトとそのメソッドが利用できます。Date オブジェクトは日付の設定、取得、操作を行う多数のメソッドを有しています。このオブジェクトはいかなるプロパティも持ちません。

JavaScript は Java と同じように日付を取り扱います。2 つの言語は同様の日付用メソッドを多く持ち、両方の言語とも 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 からのミリ秒の数値として日付を格納しています。

Date オブジェクトの設定可能範囲は 1970 年 1 月 1 日 UTC 時間 に対し -100,000,000 日から 100,000,000 日までです。

Date オブジェクトは以下のように生成します:

var dateObjectName = new Date([parameters]);

ここで dateObjectName は生成された Date オブジェクトの名前です。新しいオブジェクトか、あるいは既存のオブジェクトのプロパティにすることができます。

new キーワードなしで Date を呼び出すと、単に与えられた日付を文字列表現に変換します。

上記構文の parameters は次のいずれかになります:

  • パラメータなし: 今日の日時を生成します。例えば、today = new Date();
  • 次のような形式による日付を表す文字列: "Month day, year hours:minutes:seconds." 例えば、var Xmas95 = new Date("December 25, 1995 13:30:00")。 時、分、秒を省略した場合、その値はゼロに設定されます。
  • 年、月、日に対応する整数の集合。例えば、var Xmas95 = new Date(1995, 11, 25)
  • 年、月、日、時、分、秒に対応する整数の集合。例えば、var Xmas95 = new Date(1995, 11, 25, 9, 30, 0);

Date オブジェクトのメソッド

日時を扱う Date オブジェクトのメソッドは下記のカテゴリに分類されます:

  • "set" メソッド、Date オブジェクト内の日時の値の設定を行うメソッド
  • "get" メソッド、Date オブジェクトから日時を取得を行うメソッド
  • "to" メソッド、Date オブジェクトから文字列値を返すメソッド
  • "parse" と "UTC" メソッド、Date 文字列を解析するメソッド

"get" と "set" メソッドを使用して、秒、分、時、日、曜日、月、年をそれぞれ取得、設定できます。曜日を返す getDay メソッドはありますが、対応する setDay メソッドはありません。というのも、曜日は自動的に設定されるからです。これらのメソッドはそれぞれの値を表すのに下記の整数値を使用します:

  • 秒と分: 0 〜 59
  • 時: 0 〜 23
  • 曜日: 0 (日曜日) 〜 6 (土曜日)
  • 日: 1 〜 31 (日)
  • 月: 0 (1 月) 〜 11 (12 月)
  • 年: 1900 年からの年

例えば、次の日付を定義してみます:

var Xmas95 = new Date("December 25, 1995");

すると、Xmas95.getMonth() は 11 を返し、Xmas95.getFullYear() は 1995 を返します。

getTimesetTime メソッドは日付を比較するのに便利です。getTime メソッドは Date オブジェクトに対して January 1, 1970, 00:00:00 からのミリ秒の数値を返します。

例えば、次のコードでは今年に残された日数を表示します。:

var today = new Date();
var endYear = new Date(1995, 11, 31, 23, 59, 59, 999); // 月日を設定
endYear.setFullYear(today.getFullYear()); // 今年の年を設定
var msPerDay = 24 * 60 * 60 * 1000; // 一日をミリ秒に換算
var daysLeft = (endYear.getTime() - today.getTime()) / msPerDay;
var daysLeft = Math.round(daysLeft); // 今年の残り日数を返す

この例では、今日の日時を含む today と名付けられた Date オブジェクトを生成します。それから、endYear と名付けられた Date オブジェクトを生成し、年を今年に設定します。そして、ミリ秒値を使用して、todayendYear 間の日数を計算します。getTime を使用し、日にちに丸めます。

parse メソッドは日付文字列から既存の Date オブジェクトに割り当てるのに便利です。例えば、次のコードは parsesetTime を使用し、日付の値を IPOdate オブジェクトに割り当てます:

var IPOdate = new Date();
IPOdate.setTime(Date.parse("Aug 9, 1995"));

次の例では、関数 JSClock() がデジタル時計の形式で時刻を返します。

function JSClock() {
  var time = new Date();
  var hour = time.getHours();
  var minute = time.getMinutes();
  var second = time.getSeconds();
  var temp = "" + ((hour > 12) ? hour - 12 : hour);
  if (hour == 0)
    temp = "12";
  temp += ((minute < 10) ? ":0" : ":") + minute;
  temp += ((second < 10) ? ":0" : ":") + second;
  temp += (hour >= 12) ? " P.M." : " A.M.";
  return temp;
}

JSClock 関数は、はじめに time という名前の新しい Date オブジェクトを生成します。引数が与えられていないため、time は現在の日付と時刻で生成されます。次に、getHours および getMinutesgetSeconds メソッドを呼び出して、現在の時、分、秒を hourminutesecond に代入します。

続く 4 つの式は、時刻を基にした文字列値を組み立てます。最初の式は temp 変数を生成し、それに条件式を用いて値を代入します。hour が 12 よりも大きい場合は (hour - 12)、そうでない場合は単に hour を代入します。hour が 0 の場合は 12 になります。

次の式は、minute 値を temp に追加します。minute の値が 10 よりも小さい場合、条件式により先行ゼロの文字が追加されます。そうでない場合は区切りのコロン文字を追加します。そして秒の値を同じ方法で temp に追加します。

最後の条件式は、hour が 12 よりも大きい場合、"P.M." を temp に追加します。そうでない場合は "A.M." を temp に追加します。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: chikoski, Marsf, yamaguchi-takayuki, x2357, shide55
 最終更新者: chikoski,