ReferenceError

ReferenceError オブジェクトは存在しない変数が参照された場合のエラーを表します。

コンストラクター

ReferenceError()

新しい ReferenceError オブジェクトを生成します。

インスタンスプロパティ

ReferenceError.prototype.message

エラーメッセージです。 ECMA-262 において ReferenceError は自身の message プロパティを提供するべきとされていますが、 SpiderMonkey では Error.prototype.message を継承しています。

ReferenceError.prototype.name

エラー名です。 Error から継承しています。

ReferenceError.prototype.fileName

このエラーが発生したファイルのパスです。 Error から継承しています。

ReferenceError.prototype.lineNumber

このエラーが発生したファイル内の行番号です。 Error から継承しています。

ReferenceError.prototype.columnNumber

このエラーが発生した行内の桁番号です。 Error から継承しています。

ReferenceError.prototype.stack

スタックトレースです。 Error から継承しています。

ReferenceError のキャッチ

try {
  let a = undefinedVariable
} catch (e) {
  console.log(e instanceof ReferenceError)  // true
  console.log(e.message)                    // "undefinedVariable is not defined"
  console.log(e.name)                       // "ReferenceError"
  console.log(e.fileName)                   // "Scratchpad/1"
  console.log(e.lineNumber)                 // 2
  console.log(e.columnNumber)               // 6
  console.log(e.stack)                      // "@Scratchpad/2:2:7\n"
}

ReferenceError の生成

try {
  throw new ReferenceError('Hello', 'someFile.js', 10)
} catch (e) {
  console.log(e instanceof ReferenceError)  // true
  console.log(e.message)                    // "Hello"
  console.log(e.name)                       // "ReferenceError"
  console.log(e.fileName)                   // "someFile.js"
  console.log(e.lineNumber)                 // 10
  console.log(e.columnNumber)               // 0
  console.log(e.stack)                      // "@Scratchpad/2:2:9\n"
}

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報