String.prototype.toUpperCase()

toUpperCase() メソッドは、呼び出す文字列の値を(文字列でない場合、文字列に変換して)大文字に変換して返します。

構文

str.toUpperCase()

戻り値

呼び出す文字列の値を大文字に変換した新しい文字列です。

例外

TypeError
null か undefined で呼ばれた場合(例えば、String.prototype.toUpperCase.call(undefined) )。

詳細

toUpperCase() メソッドは、大文字に変換された文字列の値を返します。このメソッドは、文字列自身の値に影響を与えません( JavaScript の文字列は不変です)。

よくある使い方

console.log('alphabet'.toUpperCase()); // 'ALPHABET'

文字列でない this 値を文字列に変換する

このメソッドは this に文字列でない値を設定した場合、文字列に変換します。:

const a = String.prototype.toUpperCase.call({
  toString: function toString() {
    return 'abcdef';
  }
});

const b = String.prototype.toUpperCase.call(true);

// prints out 'ABCDEF TRUE'.
console.log(a, b);

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。JavaScript 1.0 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
String.prototype.toUpperCase の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
String.prototype.toUpperCase の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
String.prototype.toUpperCase の定義
ドラフト  

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
toUpperCaseChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 3Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連項目