Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

Set

この記事は編集レビューを必要としています。ぜひご協力ください

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

これは Harmony(ECMAScript 6) 提案の一部であり、実験段階の技術です。
この技術の仕様は安定していません。ブラウザ互換性の一覧表を確認してください。またこれらの構文や動作は、仕様変更などにより、新しいバージョンのブラウザでは変更される可能性があるという点に注意してください。

概要

Set オブジェクトにより、primitive valuesでもオブジェクト参照でも、どんな型でも一意の値を格納します。

構文

new Set([iterable]);

引数

iterable
iterable object が渡されたら、その要素すべてが新しいSetオブジェクトに追加されます。nullはundefinedとして扱われます。

説明

Set オブジェクトは値のコレクションです。挿入順に要素を反復することができます。Set内の値は 1度だけ発生します。その値はSetコレクション内で一意です。

値の等価性

Setオブジェクト内の各値は一意でなければならないので、値の等価性が調べられ、===演算で使われるアルゴリズムと同じアルゴリズムに基いていません。特に、Setに対して、+0 (-0と厳密に言えば等価です) と-0は違った値です。しかしながら、これは最新のECMAScript第6版の仕様では変更されました。 Gecko 29.0 (Firefox 29 / Thunderbird 29 / SeaMonkey 2.26) (バグ 952870) や recent nightly Chromeから、+0-0Setオブジェクト内では同じ値として扱われます。また、NaNundefinedも1つのSet内に格納されます。NaNは、(たとえ NaN !== NaNですが)NaNと同じと考えられます。

プロパティ

Set.length
lengthの値は0です。
get Set[@@species]
派生オブジェクトを生成するために使用されるコンストラクタ関数。
Set.prototype
Setコンストラクタに対してのプロトタイプを表します。すべてのSetオブジェクトにプロパティを追加できます。

Set インスタンス

すべてのSet インスタンスはSet.prototypeから継承します。

プロパティ

Set.prototype.constructor
Returns the function that created an instance's prototype. This is the Set function by default.
Set.prototype.size
Returns the number of values in the Set object.

メソッド

Set.prototype.add(value)
Appends a new element with the given value to the Set object. Returns the Set object.
Set.prototype.clear()
Removes all elements from the Set object.
Set.prototype.delete(value)
Removes the element associated to the value and returns the value that Set.prototype.has(value) would have previously returned. Set.prototype.has(value) will return false afterwards.
Set.prototype.entries()
Returns a new Iterator object that contains an array of [value, value] for each element in the Set object, in insertion order. This is kept similar to the Map object, so that each entry has the same value for its key and value here.
Set.prototype.forEach(callbackFn[, thisArg])
Calls callbackFn once for each value present in the Set object, in insertion order. If a thisArg parameter is provided to forEach, it will be used as the this value for each callback.
Set.prototype.has(value)
Returns a boolean asserting whether an element is present with the given value in the Set object or not.
Set.prototype.keys()
Is the same function as the values() function and returns a new Iterator object that contains the values for each element in the Set object in insertion order.
Set.prototype.values()
Returns a new Iterator object that contains the values for each element in the Set object in insertion order.
Set.prototype[@@iterator]()
Returns a new Iterator object that contains the values for each element in the Set object in insertion order.

例: Set オブジェクトを使う

var mySet = new Set();

mySet.add(1);
mySet.add(5);
mySet.add("some text");
var o = {a: 1, b: 2};
mySet.add(o);

mySet.has(1); // true
mySet.has(3); // 3 は集合にないため、false
mySet.has(5);              // true
mySet.has(Math.sqrt(25));  // true
mySet.has("Some Text".toLowerCase()); // true
mySet.has(o); // true

mySet.size; // 4

mySet.delete(5); // 集合から 5 を削除
mySet.has(5);    // 5 が削除されているため false 

mySet.size; // 要素を 1 つ削除しているため 3

例: Setを反復する

// iterate over items in set
// logs the items in the order: 1, "some text" 
for (let item of mySet) console.log(item);

// logs the items in the order: 1, "some text" 
for (let item of mySet.keys()) console.log(item);
 
// logs the items in the order: 1, "some text" 
for (let item of mySet.values()) console.log(item);

// logs the items in the order: 1, "some text" 
//(key and value are the same here)
for (let [key, value] of mySet.entries()) console.log(key);

// convert set to plain Array (with Array comprehensions)
var myArr = [v for (v of mySet)]; // [1, "some text"]
// Alternative (with Array.from)
var myArr = Array.from(mySet); // [1, "some text"]

// the following will also work if run in an HTML document
mySet.add(document.body);
mySet.has(document.querySelector("body")); // true

// converting between Set and Array
mySet2 = new Set([1,2,3,4]);
mySet2.size; // 4
[...mySet2]; // [1,2,3,4]

// intersect can be simulated via  
var intersection = new Set([x for (x of set1) if (set2.has(x))]);

// Iterate set entries with forEach
mySet.forEach(function(value) {
  console.log(value);
});

// 1
// 2
// 3
// 4

例: Array オブジェクトとの関係

var myArray = ["value1", "value2", "value3"];

// Use the regular Set constructor to transform an Array into a Set
var mySet = new Set(myArray);

mySet.has("value1"); // returns true

// Use the spread operator to transform a set into an Array.
alert(uneval([...mySet])); // Will show you exactly the same Array as myArray

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
The definition of 'Set' in that specification.
Standard Initial definition.

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート

31 [1]
38

13 (13) 11 25 7.1
コンストラクタ引数t: new Set(iterable) 38 13 (13) 未サポート 25 未サポート
反復可能 38 17 (17) 未サポート 25 7.1
Set.clear() 31 [1]
38
19 (19) 11 25 7.1
Set.keys(), Set.values(), Set.entries() 37 [1]
38
24 (24) 未サポート 25 7.1
Set.forEach() 36 [1]
38
25 (25) 11 25 7.1
-0 と 0に対する値の等価 34 [1]
38
29 (29) 未サポート 25 未サポート
コンストラクタ引数: new Set(null) (有) 37 (37) ? ? ?
モンキーパッチの適用 add() in Constructor (有) 37 (37) ? ? ?
Set[@@species] ? 41 (41) ? ? ?
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 31 [1]
38
13.0 (13) 未サポート 未サポート iOS 8
コンストラクタ引数: new Set(iterable) 未サポート 38 13.0 (13) 未サポート 未サポート 未サポート
反復可能 未サポート 未サポート 17.0 (17) 未サポート 未サポート iOS 8
Set.clear() 未サポート 31 [1]
38
19.0 (19) 未サポート 未サポート iOS 8
Set.keys(), Set.values(), Set.entries() 未サポート 37 [1]
38
24.0 (24) 未サポート 未サポート iOS 8
Set.forEach() 未サポート 36 [1]
38
25.0 (25) 未サポート 未サポート iOS 8
-0と0に対する値の等価 未サポート 34 [1]
38
29.0 (29) 未サポート 未サポート 未サポート
コンストラクタ引数: new Set(null) ? (有) 37.0 (37) ? ? ?
モンキーパッチの適用 add() in Constructor ? (有) 37.0 (37) ? ? ?
Set[@@species] ? ? 41.0 (41) ? ? ?

[1] 機能は好みを支持して利用可能です。chrome://flagsでは、 エントリー“Enable Experimental JavaScript”を活性化します。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: chikoski, shide55
 最終更新者: chikoski,