mozilla
Your Search Results

    function

    概要

    function 演算子は式の中で無名関数を定義します。

    構文

    function [name]([param1, param2, ..., paramN]) { statements }

    引数

    name
    関数名。省略可。省略した場合、関数は無名関数として認識されます。The name is only local to the function body.
    paramN
    関数に渡される引数の名前です。関数は最大 255 の引数を持ち得ます。
    statements
    関数の本体を構成するステートメント

    説明

    関数式は関数宣言とよく似ており、同じ書式でもあります(※参照: function
    関数ステートメントと関数式との違いについては『関数と関数スコープ』をご覧下さい。

    次の例では、引数の 2 乗を返す無名の関数を定義し、x に割当てています。

    var x = function(y) {
       return y * y;
    };

    名前付き関数式

    If you want to refer to the current function inside the function body, you need to create a named function expression. This name is then local only to the function body (scope). This also avoids using the non-standard arguments.callee property.

    関数内でその関数自身を参照する必要がある場合は、名前付き関数式にする事でこれを実現できます。This name is then local only to the function body (scope). 非標準ではありますが、これは arguments.callee を用いても実現可能です。

    var math = {
      'factorial': function factorial(n) {
        if (n <= 1)
          return 1;
        return n * factorial(n - 1);
      }
    };
    

    関連情報

    ドキュメントのタグと貢献者

    タグ: 
    Contributors to this page:
    最終更新者: teoli,
    サイドバーを隠す