ビット論理和 (|)

ビット論理和演算子 (|) は、両方のオペランドの対応するビットのどちらか一方が 1 である位置のビットで 1 を返します。

構文

a | b

解説

オペランドは32ビットの整数値に変換され、ビット (ゼロまたは1) の並びによって表現されます。32ビットを超える数値は最上位のビットが破棄されます。例えば、次の32ビットを超える整数は32ビット整数に変換されます。

変換前: 11100110111110100000000000000110000000000001
変換後:             10100000000000000110000000000001

第1オペランドの各ビットは、第2オペランドの対応するビットと組み合わせになります。第1ビット第1ビットへ、第2ビット第2ビットへ、という具合にです。

この演算子は各ビットの組み合わせに適用され、結果はビット単位で構築されます。

OR 演算の真理値表は次のようになります。

a b a OR b
0 0 0
0 1 1
1 0 1
1 1 1
.    9 (10進数) = 00000000000000000000000000001001 (2進数)
    14 (10進数) = 00000000000000000000000000001110 (2進数)
                   --------------------------------
14 | 9 (10進数) = 00000000000000000000000000001111 (2進数) = 15 (10進数)

ある数 x0 のビット論理和は x になります。

ビット論理和の使用

// 9  (00000000000000000000000000001001)
// 14 (00000000000000000000000000001110)

14 | 9;
// 15 (00000000000000000000000000001111)

仕様

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Bitwise OR expression の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報