URIError オブジェクトは、グローバル URI 処理関数が誤った使い方をされたことを示すエラーです。

構文

new URIError([message[, fileName[, lineNumber]]])

引数

message
オプション。人間に読めるエラーの説明。
fileName
オプション。例外を引き起こしたコードを含むファイル名。
lineNumber
オプション。例外を引き起こしたコードの行番号。

説明

URIError は、URI 処理関数が奇妙な形の URI を渡された場合に投げられます。

プロパティ

URIError.prototype
URIError オブジェクトにプロパティを追加することができます。

メソッド

グローバルな URIError オブジェクトは、自分自身のメソッドを持っていませんが、プロトタイプチェーンを通していくつかのメソッドを継承しています。

URIError インスタンス

プロパティ

メソッド

URIError をキャッチ

try {
  decodeURIComponent('%');
} catch (e) {
  console.log(e instanceof URIError); // true
  console.log(e.message);             // "malformed URI sequence"
  console.log(e.name);                // "URIError"
  console.log(e.fileName);            // "Scratchpad/1"
  console.log(e.lineNumber);          // 2
  console.log(e.columnNumber);        // 2
  console.log(e.stack);               // "@Scratchpad/2:2:3\n"
}

URIError を生成

try {
  throw new URIError('Hello', 'someFile.js', 10);
} catch (e) {
  console.log(e instanceof URIError); // true
  console.log(e.message);             // "Hello"
  console.log(e.name);                // "URIError"
  console.log(e.fileName);            // "someFile.js"
  console.log(e.lineNumber);          // 10
  console.log(e.columnNumber);        // 0
  console.log(e.stack);               // "@Scratchpad/2:2:9\n"
}

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript 3rd Edition (ECMA-262)
URIError の定義
標準 初期定義。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
URIError の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
URIError の定義
標準  
ECMAScript 2017 Draft (ECMA-262)
URIError の定義
ドラフト  

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有)
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有) (有)

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama, teoli, ethertank, Potappo, Hfjapancom
 最終更新者: YuichiNukiyama,