Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

概要

奇妙な形のURIに遭遇した場合のエラーを表します。

構文

new URIError([message[, fileName[, lineNumber ]]])

引数

message
人間に読めるエラーの説明
fileName
例外を引き起こしたコードを含むファイル名
lineNumber
例外を引き起こしたコードの行番号

説明

URIError は、URI処理関数が奇妙な形のURIを渡された場合に投げられます。

プロパティ

URIError インスタンスから継承されているPropertiesについては、URIError インスタンスのPropertiesを参照してください。

prototype
URIError オブジェクトにプロパティを追加することができます。

Function.prototype から継承されるProperties

メソッド

URIError インスタンスから継承されているMethodsについては、URIError インスタンスのMethodsを参照してください。

グローバルな URIError オブジェクトは、自分自身のメソッドを持っていませんが、プロトタイプチェーンを通していくつかのメソッドを継承しています。

Function.prototype から継承されるMethods

URIError インスタンス

全ての URIError インスタンスは URIError.prototype を継承します。全てのインスタンスに対してプロパティ又はメソッドを追加するために、このプロトタイプを利用できます。

プロパティ

constructor
インスタンスのプロトタイプを生成した関数を示します。
name
エラー名
註: ECMA-262URIError 自身が message プロパティを提供するべきであると規定してるにもかかわらず、 SpiderMonkey では Error.prototype.message を継承します。

Error.prototype から継承されるProperties

メソッド

URIError プロトタイプオブジェクトが自分自身のいかなるメソッドも持っていなくても、 URIError インスタンスはプロトタイプチェーンを通していくつかのメソッドを継承しています。

Error.prototype から継承されるMethods

参照

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: teoli, ethertank, Potappo, Hfjapancom
 最終更新者: teoli,