mozilla

ブロック

概要

ブロック文は 0 個以上の文をグループ化するのに使われます。ブロックは中括弧 (波括弧) の組で区切られます。

構文

{ statement_1; statement_2; ... statement_n; }

引数

statement_1, statement_2, statement_n
ブロック文の中でグループ化される文

説明

この文は通常、制御フロー文 (たとえば、ifforwhile など) とともに使われます。以下に例を示します。

while (x < 10) {
  x++;
}

重要: JavaScript はブロックスコープを持ちません。ブロック内で導入された変数は、それを含む関数またはスクリプトがスコープとなり、変数を設定した効果は、そのブロック自体を超えて持続します。言い換えれば、ブロック文はスコープを導入しません。"スタンドアローン" なブロックは有効な構文ですが、JavaScript ではスタンドアローンなブロックを使わないほうがいいでしょう。なぜなら、もしブロックが C または Java のブロックのように何かすると思っているのなら、ブロックはあなたがそうすると思うようなことをしないからです。

var x = 1;

{
  var x = 2;
}

alert(x); // 2 が出力されます

上記コードでは 2 が出力されます。なぜなら、条件文の中の文 var x が条件文の前の文 var x と同じスコープ内にあるからです。ブロックスコープを持つ C 言語や Java なら、同等なコードで 1 が出力されるでしょう。

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: teoli, Shimono, ethertank, Mgjbot, Nanto vi
最終更新者: teoli,
サイドバーを隠す