Number.parseInt()

Number.parseInt() は、文字列の引数を解析し、指定された基数の整数値を返します。

構文

Number.parseInt(string,[ radix])

引数

string
解析する値。この引数が文字列でない場合、抽象操作 ToString を用いて文字列に変換されます。この引数では先頭のホワイトスペースは無視されます。
radix 省略可
2 から 36 までの整数で、 string基数 (数学的記数法の底) を表します。これは既定値が 10 ではないので注意してください。

返値

指定された string を解析した整数値です。

radix2 よりも小さいか 36 よりも大きい、または最初のホワイトスペース以外の文字が数値に変換できない場合は NaN が返されます。

解説

このメソッドは、グローバルの parseInt() 関数と同じ機能です。

Number.parseInt === parseInt // true

また、これは ECMAScript 2015 の一部です (グローバルのモジュール化のため)。詳細や例は parseInt() を参照してください。

ポリフィル

if (Number.parseInt === undefined) {
    Number.parseInt = window.parseInt
}

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Number.parseInt の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

  • 所属する Number オブジェクト
  • グローバルの parseInt() メソッド