mozilla
Your Search Results

    for

    丸括弧で囲まれ、セミコロンにより分けられた、3 つの省略可能な式で構成されるループを作成します。式の後にはループの中で実行される文が続きます。

    構文

    for ([initialization]; [condition]; [final-expression])
       statement
    
    initialization
    (代入式を含む) 式または変数宣言。たいていは、カウンタ変数を初期化するために使われます。この式では、var キーワードを用いて新しい変数を任意で宣言してもかまいません。これらの変数はループにローカルなものではありません。すなわち、これらは for ループが属するスコープと同じスコープ内にあります。この式の結果は捨て去られます。
    condition
    ループの各反復の前に評価される式。もしこの式が true に評価されるなら、statement が実行されます。この条件テストは省略可能です。もし省略されたなら、条件は常に true に評価されます。もしこの式が false に評価されるなら、実行は for の構成子に続く最初の式に飛びます。
    final-expression
    ループの各反復の終わりに評価される式。これは、condition の次の評価の前に発生します。一般的には、カウンタ変数を更新または増加するために使われます。
    statement
    条件が true に評価される限り実行される文。ループ内で複数の文を実行するには、それらの文をグループ化するためにブロック文 ({ ... }) を使ってください。

    例: for を使う

    次の for 文は、変数 i を宣言し、それを 0 に初期化することから始まります。i が 9 より小さいことをチェックし、続く 2 つの文を実行し、ループを通過した後ごとに i を 1 増加します。

    for (var i = 0; i < 9; i++) {
       n += i;
       myfunc(n);
    }
    

    参照

    while, do...while, for...in

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Potappo, teoli, ethertank, Mgjbot, Nanto vi
    最終更新者: teoli,
    サイドバーを隠す