unescape()

警告: unescape() は厳密には (「ウェブ標準から削除された」という意味では) 非推奨になっていませんが、 ECMA-262 標準の Annex B において定義されており、導入部で次のように位置付けられています。
… この附属書で規定されているすべての言語機能および動作は、1つ以上の望ましくない特性を有しており、古い使用例がない場合には,この仕様から削除される。 …
… プログラマーは、新しい ECMAScript コードを書く際に、これらの機能や動作の存在を利用したり、仮定したりしてはいけない。 …

unescape() 関数は 16 進数エスケープシーケンスを、それが表す文字列に置換します。エスケープシーケンスは escape などの関数によって生成されます。通常は decodeURI または decodeURIComponentunescape よりも推奨されます。

注 : URI のデコードに unescape を使用しないでください。代わりに decodeURI を使用してください。

構文

unescape(str)

引数

str
デコードされる文字列。

返値

特定の文字のエスケープが解除された新しい文字列です。

解説

unescape 関数はグローバルオブジェクトのプロパティです。

unescape の使用

unescape('abc123');     // "abc123"
unescape('%E4%F6%FC');  // "äöü"
unescape('%u0107');     // "ć"

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報