非推奨機能の unescape() 関数は 16 進数エスケープシーケンスをそれが表す文字列に置換します。エスケープシーケンスは escape といった関数によって生成されます。unescape は非推奨なので、代わりに decodeURIdecodeURIComponent を使用してください。

注 : URI のデコードに unescape を使用しないでください。代わりに decodeURI を使用してください。

構文

unescape(str)

引数

str
デコードされる文字列。

説明

unescape 関数はグローバルオブジェクトのプロパティです。

unescape("abc123");     // "abc123"
unescape("%E4%F6%FC");  // "äöü"
unescape("%u0107");     // "ć"

仕様

仕様 策定状況 コメント
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262)
unescape の定義
標準 初期定義。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
unescape の定義
標準 付録 B(参考情報)「互換性」にて定義
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
unescape の定義
標準 付録 B(規定情報)「Web ブラウザの ECMAScript 追加機能」にて定義

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有)
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有) (有)

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: x2357, shide55
最終更新者: x2357,