unescape()

非推奨機能の unescape() 関数は 16 進数エスケープシーケンスをそれが表す文字列に置換します。エスケープシーケンスは escape といった関数によって生成されます。unescape は非推奨なので、代わりに decodeURIdecodeURIComponent を使用してください。

注 : URI のデコードに unescape を使用しないでください。代わりに decodeURI を使用してください。

構文

unescape(str)

引数

str
デコードされる文字列。

説明

unescape 関数はグローバルオブジェクトのプロパティです。

unescape("abc123");     // "abc123"
unescape("%E4%F6%FC");  // "äöü"
unescape("%u0107");     // "ć"

仕様

仕様 策定状況 コメント
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262)
unescape の定義
標準 初期定義。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
unescape の定義
標準 付録 B(参考情報)「互換性」にて定義
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
unescape の定義
標準 付録 B(規定情報)「Web ブラウザの ECMAScript 追加機能」にて定義

ブラウザ実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
unescape
非推奨
Chrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 3Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。

関連情報