Math.abs()

Math.abs() 関数は、数値の絶対値を返します。

Math.abs(x)=|x|={xifx>00ifx=0-xifx<0{\mathtt{\operatorname{Math.abs}(z)}} = {|z|} = \begin{cases} x & \text{if} \quad x \geq 0 \\ x & \text{if} \quad x < 0 \end{cases}

構文

Math.abs(x)

引数

x
数値です。

返値

与えられた数値の絶対値。

解説

abs()Math オブジェクトの静的メソッドなので、 Math オブジェクトを生成してメソッドとして使用するのではなく、常に Math.abs() として使用するようにしてください (Math はコンストラクターではありません)。

Math.abs() の動作

空のオブジェクト、複数のメンバーを持つ配列、数値でない文字列、 undefined、 空の変数を渡すと、 NaN を返します。 null を渡すと空文字列を返し、空の配列は 0 を返します。

Math.abs('-1');     // 1
Math.abs(-2);       // 2
Math.abs(null);     // 0
Math.abs('');       // 0
Math.abs([]);       // 0
Math.abs([2]);      // 2
Math.abs([1,2]);    // NaN
Math.abs({});       // NaN
Math.abs('string'); // NaN
Math.abs();         // NaN

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Math.abs の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報