Math.abs()

Math.abs() 関数は、数値の絶対値を返します。すなわち、

Math.abs(x)=|x|={xifx>00ifx=0-xifx<0{\mathtt{\operatorname{Math.abs}(x)}} = {|x|} = \begin{cases} x & \text{if} \quad x \geq 0 \\ x & \text{if} \quad x < 0 \end{cases}

構文

var abs = Math.abs(x);

引数

x
数値 (数字)。

返り値

与えられた数値 (数字) の絶対値。

詳細

absMath オブジェクトの静的なメソッドなので、自ら生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に、Math.abs() として使用するようにしてください。

例: Math.abs の動作

数ではない文字列、もしくは、undefined/空 である変数を渡した場合は、NaN を返します。null を渡した場合は、0 を返します。

Math.abs('-1');     // 1
Math.abs(-2);       // 2
Math.abs(null);     // 0
Math.abs('');       // 0
Math.abs([]);       // 0
Math.abs([2]);      // 2
Math.abs([1,2]);    // NaN
Math.abs({});       // NaN
Math.abs('string'); // NaN
Math.abs();         // NaN

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初回定義。JavaScript 1.0 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Math.abs の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Math.abs の定義
標準  
ECMAScript (ECMA-262)
Math.abs の定義
現行の標準  

ブラウザー対応状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
absChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 3Opera 完全対応 3Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報