Math.cos()

概要

引数として与えた数のコサインを返します。

構文

Math.cos(x) 

引数

x
数値(数字)

説明

cos メソッドは、角度のコサインを表す、-1 から 1 までの数値を返します。

cosMath オブジェクトの静的なメソッドなので、自ら生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に、Math.cos() として使用するようにしてください。

例:Math.cos の使用

以下の関数は、変数 x のコサインを返します。:

function getCos(x) {
   return Math.cos(x)
}

x2*Math.PI に等しい場合、getCos は、1 を返します。xMath.PI に等しい場合は、-1 を返します。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: teoli, ethertank, Potappo
 最終更新者: teoli,