小なり (<)

小なり演算子 (<) は、左辺のオペランドが右辺のオペランドより小さい場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。

構文

x < y

解説

オペランドは、抽象関係比較アルゴリズムを使用して比較されます。以下に大まかに要約します。

  • 最初に、オブジェクトは Symbol.ToPrimitivehint 引数を 'number' として使用してプリミティブに変換されます。
  • 両方の値が文字列である場合、それらに含まれる Unicode コードポイントの値に基づいて、文字列として比較されます。
  • それ以外の場合、 JavaScript は非数値型を数値に変換しようとします。
    • 論理値 true および false は、それぞれ 1 および 0 に変換されます。
    • null は 0 に変換されます。
    • undefinedNaN に変換されます。
    • 文字列は、含まれている値に基づいて変換され、数値が含まれていない場合は NaN として変換されます。
  • いずれかの値が NaN の場合、演算子は false を返します。
  • それ以外の場合、値は数値として比較されます。

文字列と文字列の比較

console.log("a" < "b");        // true
console.log("a" < "a");        // false
console.log("a" < "3");        // false

文字列と数値の比較

console.log("5" < 3);          // false
console.log("3" < 3);          // false
console.log("3" < 5);          // true

console.log("hello" < 5);      // false
console.log(5 < "hello");      // false

console.log("5" < 3n);         // false
console.log("3" < 5n);         // true

数値と数値の比較

console.log(5 < 3);            // false
console.log(3 < 3);            // false
console.log(3 < 5);            // true

Number と BigInt の比較

console.log(5n < 3);           // false
console.log(3 < 5n);           // true

論理値、null、undefined、NaN の比較

console.log(true < false);     // false
console.log(false < true);     // true

console.log(0 < true);         // true
console.log(true < 1);         // false

console.log(null < 0);         // false
console.log(null < 1);         // true

console.log(undefined < 3);    // false
console.log(3 < undefined);    // false

console.log(3 < NaN);          // false
console.log(NaN < 3);          // false

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification (ECMAScript)
# sec-relational-operators

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報