String.prototype.slice()

slice() メソッドは、元の文字列を変更せず、文字列の一部分を取り出し、それを新しい文字列として返します。

構文

str.slice(beginIndex[, endIndex])

引数

beginIndex

取り出しを開始する位置を示す 0 から始まるインデックスです。負の値の場合、 str.length + beginIndex として扱われます。 (例えば beginIndex-3 の場合、 str.length - 3 として扱われます。)

beginIndexstr.length 以上である場合、 slice() は空文字列を返します。

endIndex 省略可

取り出しを終える前の 0 から始まるインデックスです。このインデックスにある文字は含まれません。

endIndex を省略した場合、 slice() は文字列の末尾までを取り出します。負の値の場合、 str.length + endIndex として扱われます。 (例えば endIndex-3 の場合、 str.length - 3 として扱われます。)

返値

文字列の取り出された部分を含んだ新しい文字列です。

解説

slice() は 1 つの文字列からテキストを取り出し、新しい文字列を返します。一方の文字列におけるテキストへの変更は、他の文字列に影響を与えません。

slice()endIndex を含まずにテキストを取り出します。 str.slice(1, 4) は、 2 番目から 4 番目までの文字 (1, 2, 3 のインデックスの文字) を取り出します。

例えば str.slice(2, -1) は、文字列から 3 番目の文字から最後から 2 番目の文字までを取り出します。

slice() を使って新しい文字列をつくる

以下の例は、新しい文字列を生成するために slice() を使っています。

let str1 = 'The morning is upon us.', // the length of str1 is 23.
    str2 = str1.slice(1, 8),
    str3 = str1.slice(4, -2),
    str4 = str1.slice(12),
    str5 = str1.slice(30);
console.log(str2)  // OUTPUT: he morn
console.log(str3)  // OUTPUT: morning is upon u
console.log(str4)  // OUTPUT: is upon us.
console.log(str5)  // OUTPUT: ""

負のインデックスで slice() を使う

下記の例は負のインデックスで slice() を使っています。

let str = 'The morning is upon us.'
str.slice(-3)      // returns 'us.'
str.slice(-3, -1)  // returns 'us'
str.slice(0, -1)   // returns 'The morning is upon us'

この例は、文字列の末尾から前方に 11 番目を開始インデックスとし、先頭から後方に 16 番目を終了インデックスとします。

console.log(str.slice(-11, 16)) // => "is u"

こちらは先頭から後方に 11 番目を開始インデックスとし、末尾から前方に 7 番目を終了インデックスとします。

console.log(str.slice(11, -7)) // => " is u"

これらの引数は、末尾から前方に 5 番目を開始インデックスとし、末尾から前方に 1 番目を終了インデックスとします。

console.log(str.slice(-5, -1)) // => "n us"

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
String.prototype.slice の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報