Math.trunc()

Math.trunc() 関数は、引数として与えた数の小数部の桁を取り除くことによって整数部を返します。

構文

Math.trunc(x)

引数

x
数値。

返値

The integer part of the given number.

解説

他の3 つの Math メソッド、 Math.floor()Math.ceil()Math.round() とは異なり、 Math.trunc() の動作は非常にシンプルで分かりやすいです。引数が正の数または負の数であるかに関わらず、ただ小数点とそれ以降にある数字を切り捨てます。

このメソッドに渡された引数は暗黙のうちに数値型に変換されることに注意して下さい。

trunc()Math オブジェクトの静的なメソッドなので、自ら生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に、Math.trunc() として使用してください (Math オブジェクトにはコンストラクタがありません)。

ポリフィル

if (!Math.trunc) {
  Math.trunc = function(v) {
    v = +v;
    if (!isFinite(v)) return v;

    return (v - v % 1)   ||   (v < 0 ? -0 : v === 0 ? v : 0);

    // returns:
    //  0        ->  0
    // -0        -> -0
    //  0.2      ->  0
    // -0.2      -> -0
    //  0.7      ->  0
    // -0.7      -> -0
    //  Infinity ->  Infinity
    // -Infinity -> -Infinity
    //  NaN      ->  NaN
    //  null     ->  0
  };
}

または

if (!Math.trunc) {
  Math.trunc = function (v) {
    return v < 0 ? Math.ceil(v) : Math.floor(v);
  };
}

Math.trunc() の使用

Math.trunc(13.37);    // 13
Math.trunc(42.84);    // 42
Math.trunc(0.123);    //  0
Math.trunc(-0.123);   // -0
Math.trunc('-1.123'); // -1
Math.trunc(NaN);      // NaN
Math.trunc('foo');    // NaN
Math.trunc();         // NaN

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Math.trunc の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報