Number.isSafeInteger()

Number.isSafeInteger() メソッドは、指定された値が安全な整数であるかどうかを判定します。

安全な整数とは、以下のような整数です。

  • 正確に IEEE-754 倍精度数として表現することができる
  • その IEEE-754 の表現は、他の整数を IEEE-754 の表現に適合するように、丸めた結果にはならない

例えば、253 - 1 は安全な整数です。正確に表現することができ、他の整数は、どの IEEE-754 丸めモードの下で丸めたものにもなっていません。対照的に、253 は安全な整数ではありません。これは IEEE-754 で正確に表現されますが、整数値 253 + 1 が直接 IEEE-754 では表現できず、四捨五入や切り捨ての丸めによって 253 になるからです。安全な整数は -(253 - 1) 以上 253 - 1 以下の整数値です (± 9007199254740991 または ± 9,007,199,254,740,991 です)。

完全な精度で ~9 兆より大きい値や小さい値を扱うには、任意精度演算ライブラリを使用する必要があります。数値の浮動小数点表現の詳細については、 What Every Programmer Needs to Know about Floating Point Arithmetic を参照してください。s

巨大な整数値については、 BigInt 型を使用することを検討してください。

構文

Number.isSafeInteger(testValue)

引数

testValue
安全な整数かどうかをテストする値です。

返値

Boolean で、与えられた数値が安全な整数であるかどうかを示します。

Polyfill

Number.isSafeInteger = Number.isSafeInteger || function (value) {
   return Number.isInteger(value) && Math.abs(value) <= Number.MAX_SAFE_INTEGER;
};

isSafeInteger の使用

Number.isSafeInteger(3);                    // true
Number.isSafeInteger(Math.pow(2, 53));      // false
Number.isSafeInteger(Math.pow(2, 53) - 1);  // true
Number.isSafeInteger(NaN);                  // false
Number.isSafeInteger(Infinity);             // false
Number.isSafeInteger('3');                  // false
Number.isSafeInteger(3.1);                  // false
Number.isSafeInteger(3.0);                  // true

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Number.isSafeInteger の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
isSafeIntegerChrome 完全対応 34Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 32IE 未対応 なしOpera 完全対応 21Safari 完全対応 10WebView Android 完全対応 ≤37Chrome Android 完全対応 34Firefox Android 完全対応 32Opera Android 完全対応 21Safari iOS 完全対応 10Samsung Internet Android 完全対応 2.0nodejs 完全対応 0.12

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報