String.prototype.trimStart()

trimStart() メソッドは、文字列の先頭のホワイトスペースを削除します。 trimLeft() はこのメソッドのエイリアスです。

構文

str.trimStart();
str.trimLeft();

返値

呼び出した文字列から先頭 (左端) からホワイトスペースを削除した新しい文字列です。

解説

trimStart()trimLeft() メソッドは、左端のホワイトスペースを取り除いた文字列を返します。 trimLeft() または trimStart() は元の文字列自身の値に影響を与えません。

エイリアス

String.prototype.padStart のような関数との一貫性を持たせるため、標準メソッドの名前は trimStart となっています。しかし、ウェブの互換性の観点から、 trimLefttrimStart のエイリアスとして残されます。エンジンによっては、以下のように解釈されます。

String.prototype.trimLeft.name === "trimStart";

trimStart() の使用

以下の例では、小文字の文字列 'foo  ' を表示します。

var str = '   foo  ';

console.log(str.length); // 8

str = str.trimStart();
console.log(str.length); // 5
console.log(str);        // 'foo  '

ポリフィル

//https://github.com/FabioVergani/js-Polyfill_String-trimStart

(function(w){
    var String=w.String, Proto=String.prototype;

    (function(o,p){
        if(p in o?o[p]?false:true:true){
            var r=/^\s+/;
            o[p]=o.trimLeft||function(){
                return this.replace(r,'')
            }
        }
    })(Proto,'trimStart');

})(window);


/*
ES6:
(w=>{
    const String=w.String, Proto=String.prototype;

    ((o,p)=>{
        if(p in o?o[p]?false:true:true){
            const r=/^\s+/;
            o[p]=o.trimLeft||function(){
                return this.replace(r,'')
            }
        }
    })(Proto,'trimStart');

})(window);
*/

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報