右シフト (>>)

右シフト演算子 (>>) (ゼロ埋め右シフト) は、1つ目のオペランドを指定されたビット数だけ右にずらします。右にずらしてあふれたビットは廃棄されます。最も左のビットをコピーしながらずれて入ります。最も左のビットが以前の最も左のビットと同じになるため、符号ビット (最も左のビット) は変化しません。よって「符号維持」という名前です。

構文

a >> b

解説

この演算子は、1つ目のオペランドを指定されたビット数だけ右にずらします。右にずらしてあふれたビットは廃棄されます。最も左のビットをコピーしながらずれて入ります。最も左のビットが以前の最も左のビットと同じになるため、符号ビット (最も左のビット) は変化しません。よって「符号維持」という名前です。

例えば、 9 >>> 2 は 2 となります。

.     9 (10進数): 00000000000000000000000000001001 (2進数)
                  --------------------------------
9 >>> 2 (10進数): 00000000000000000000000000000010 (2進数) = 2 (10進数)

同様に、 -9 >> 2 は符号が保存されるため、 -3 になります。

.     -9 (10進数): 11111111111111111111111111110111 (2進数)
                   --------------------------------
-9 >> 2 (10進数):  11111111111111111111111111111101 (2進数) = -3 (10進数)

右シフトの使用

 9 >> 2; //  2
-9 >> 2; // -3

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報