export


概要

署名付きスクリプトが、ほかの署名付きまたは署名なしスクリプトに、プロパティ、関数、およびオブジェクトを提供することを可能にします。この機能は ECMA-262 第 3 版には含まれていません。

実装されたバージョン: JavaScript 1.2, NES 3.0

構文

export name1, name2, ..., nameN;

export *;

パラメータ

nameN 
エクスポートされるプロパティ、関数、およびオブジェクト。

説明

一般的に、署名付きスクリプト内の情報は、同じ主体 (principals)によって署名されたスクリプトに対してのみ利用可能です。プロパティ、関数、またはオブジェクトをエクスポートすることにより、署名付きスクリプトは、任意の (署名付きまたは署名なし) スクリプトに対してこの情報を利用可能にします。受け取るスクリプトは、その情報にアクセスするために対となる import 文を使用します。

最初の構文は、指定されたプロパティ、関数、およびオブジェクトをエクスポートします。

2 番目の構文は、スクリプトから、すべてのプロパティ、関数、およびオブジェクトをエクスポートします。

参照

import


Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Nanto vi, ethertank, Mgjbot
最終更新者: ethertank,