デフォルト引数

関数のデフォルト引数 は、関数に値が渡されない場合や undefined が渡される場合に、デフォルト値で初期化される形式上の引数を指定できます。

構文

function [name]([param1[ = defaultValue1 ][, ..., paramN[ = defaultValueN ]]]) {
   
}

解説

JavaScript では、関数の引数は、指定しなければ undefined になります。しかし、別な既定値を設定すると有用な場合がよくあります。そのような場合に、デフォルト引数が役立ちます。

以前は、既定値を設定するための一般的な方法は、関数の本体で引数の値を検査し、undefined であった場合に値を代入することでした。

次の例では、b の値を指定せずに multiply を呼び出した場合、a * b を評価するときに b の値が undefined となり、multiplyNaN を返します。

function multiply(a, b) {
  return a * b
}

multiply(5, 2)  // 10
multiply(5)     // NaN !

こうなることを防ぐためには、2行目で使われているように、multiply が 1 つだけの引数で呼び出された場合に b1 に設定します。

function multiply(a, b) {
  b = (typeof b !== 'undefined') ?  b : 1
  return a * b
}

multiply(5, 2)  // 10
multiply(5)     // 5

ES2015 のデフォルト引数を用いると、関数本体内のチェックはもはや必要なくなります。関数の先頭で 1b の既定値として設定するだけです。

function multiply(a, b = 1) {
  return a * b
}

multiply(5, 2)          // 10
multiply(5)             // 5
multiply(5, undefined)  // 5

undefined とその他の falsy な値を渡した場合

この例の 2番目の呼び出しでは、第1引数で明示的に (null やその他の falsy な値ではなく) undefined を設定していても、num 引数の値は既定値のままになります

function test(num = 1) {
  console.log(typeof num)
}

test()           // 'number' (num は 1 に設定)
test(undefined)  // 'number' (こちらも num は 1 に設定)

// 他の falsy な値での検査
test('')         // 'string' (num は '' に設定)
test(null)       // 'object' (num は null に設定)

呼び出し時の評価

デフォルト引数は呼び出し時に評価されるので、Python などと異なり、関数が呼ばれる度に新しいオブジェクトが生成されます。

function append(value, array = []) {
  array.push(value)
  return array
}

append(1)  //[1]
append(2)  //[1, 2] ではなく [2]

これは、関数と変数にも適用されます。

function callSomething(thing = something()) {
  return thing
}

let numberOfTimesCalled = 0
function something() {
  numberOfTimesCalled += 1
  return numberOfTimesCalled
}

callSomething()  // 1
callSomething()  // 2

前の引数を後のデフォルト引数で利用可能

前に (左側で) 定義された引数は、その後のデフォルト引数で利用することができます。

function greet(name, greeting, message = greeting + ' ' + name) {
  return [name, greeting, message]
}

greet('David', 'Hi')                     // ["David", "Hi", "Hi David"]
greet('David', 'Hi', 'Happy Birthday!')  // ["David", "Hi", "Happy Birthday!"]

この機能はこの、いくつもの極端な例を扱うデモに近いかもしれません。

function go() {
  return ':P'
}

function withDefaults(a, b = 5, c = b, d = go(), e = this,
                      f = arguments, g = this.value) {
  return [a, b, c, d, e, f, g]
}

function withoutDefaults(a, b, c, d, e, f, g) {
  switch (arguments.length) {
    case 0:
      a;
    case 1:
      b = 5;
    case 2:
      c = b;
    case 3:
      d = go();
    case 4:
      e = this;
    case 5:
      f = arguments;
    case 6:
      g = this.value;
    default:
  }
  return [a, b, c, d, e, f, g];
}

withDefaults.call({value: '=^_^='});
// [undefined, 5, 5, ":P", {value:"=^_^="}, arguments, "=^_^="]

withoutDefaults.call({value: '=^_^='});
// [undefined, 5, 5, ":P", {value:"=^_^="}, arguments, "=^_^="]

関数本体の内部で定義された関数

関数の本体の中で宣言された関数は、外側の関数のデフォルト引数の中で参照することができません。これを行おうとすると、ReferenceError が発生します。

デフォルト引数は、常に最初に実行され、関数本体内の関数宣言は、その後に評価されるからです。

// 動作しません。ReferenceError が発生します。
function f(a = go()) {
  function go() { return ':P' }
}

デフォルト引数の後の既定値なしの引数

引数は左から右に設定され、後の引数に既定値がなくてもデフォルト引数を上書きします。

function f(x = 1, y) {
  return [x, y]
}

f()   // [1, undefined]
f(2)  // [2, undefined]

既定値のある分割代入の引数

既定値の代入を、分割代入表記で行うことができます。

function f([x, y] = [1, 2], {z: z} = {z: 3}) {
  return x + y + z
}

f()  // 6

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Function Definitions の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報