void 演算子

void 演算子は与えられた式 (expression) を評価し、undefined を返します。

試してみましょう

構文

void expression

解説

この演算子により、何らかの値を生成する評価式を、式が undefined と評価されることが望ましい場面に置くことができます。

void 演算子は、よく単にプリミティブ値 undefined を得る目的で使われ、一般的に "void(0)" と書かれます(これは "void 0" と等価です)。この目的であれば、グローバル変数 undefined を使用することができます。

なお、void 演算子の 優先順位 を考慮するべきであり、括弧は void 演算子に続く式の解決を明確にするのに役立つとされています。

void 2 == '2';   // (void 2) == '2', false を返す
void (2 == '2'); // void (2 == '2'), undefined を返す

即時実行関数式

即時実行関数式 を使用する場合、 void により function キーワードが宣言ではなく式として扱うよう強制することができます。

void function iife() {

  console.log("Executed!");

}();

// Output: "Executed!"

上記の関数を void キーワードなしで実行すると、捕捉されない SyntaxError が発生します。

JavaScript URI

javascript: の URI に対応しているブラウザーでは、 URI の中のコードを評価し、返値が undefined でない限り、返された値でページの内容を置き換えます。 void 演算子は、undefined を返すために使用できます。

<a href="javascript:void(0);">
  Click here to do nothing
</a>

<a href="javascript:void(document.body.style.backgroundColor='green');">
  Click here for green background
</a>

Note: javascript: 擬似プロトコルは控えめなイベントハンドラーなどの代替であり、積極的に使用するべきではないでしょう。

アロー関数からのリーク防止

アロー関数は略式の中括弧のない構文を導入しており、式を返します。 これは、以前は何も返さなかった関数呼び出しの結果を返すことで、意図しない副作用を引き起こす可能性があります。関数の返値が使用されないことを想定している場合は、安全のため void 演算子に渡すことで、(例えば) API の変更によってアロー関数の動作が変更されないようにすることができます。

button.onclick = () => void doSomething();

これにより、 doSomething の返値が undefined から true に変わっても、このコードの動作が変わらないことが保証されます。

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification
# sec-void-operator

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報