論理積代入 (&&=)

論理積代入 (x &&= y) 演算子は、x真値である場合にのみ代入を行います。

構文

expr1 &&= expr2

解説

短絡評価 (ショートサーキット)

論理積演算子は左から右に評価され、次のルールを使って短絡評価の可能性があるかどうかテストされます。

(偽値の式) && expr は、偽値の式が短絡評価されます。

短絡評価とは、上記の expr 部分が評価されないことを意味します。したがって、評価された場合の副作用は発生しません (例えば、expr が関数呼び出しである場合、呼び出しは行われません)。

論理積代入も短絡評価されます。これは、x &&= y が以下と等価であることを意味します。

x && (x = y);

そして、常に代入が行われる以下とは等価ではありません。

x = x && y;

論理積代入演算子の使用

let x = 0;
let y = 1;

x &&= 0; // 0
x &&= 1; // 0
y &&= 1; // 1
y &&= 0; // 0

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification (ECMAScript)
# sec-assignment-operators

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報