mozilla
Your Search Results

    import

    This translation is incomplete. Please help translate this article from English.

    これは Harmony(ECMAScript 6) 提案の一部であり、実験段階の技術です。
    この技術の仕様は安定していません。ブラウザ互換性の一覧表を確認してください。またこれらの構文や動作は、仕様変更などにより、新しいバージョンのブラウザでは変更される可能性があるという点に注意してください。

    スクリプトが、プロパティ、関数、およびオブジェクトを、その情報をエクスポートした署名付きスクリプトからインポートすることを可能にします。

    この機能は ECMA 262 第 3 版には含まれていません。

    構文

    import name from "module-name";
    import { member } from "module-name";
    import {
    member as alias } from "module-name";
    import { member1 , member2 } from "module-name";
    import { member1 , member2 as alias2 , [...] } from "module-name";
    import name , { member [ , [...] ] } from "module-name";
    import "module-name" as name;

    Approved English (US) version:

     
     

    これは Harmony(ECMAScript 6) 提案の一部であり、実験段階の技術です。
    この技術の仕様は安定していません。ブラウザ互換性の一覧表を確認してください。またこれらの構文や動作は、仕様変更などにより、新しいバージョンのブラウザでは変更される可能性があるという点に注意してください。

    The import statement is used to import functions exported from an external module, another script.

    Note: This feature is not implemented in any browsers natively at this point. It is implemented in many transpilers, such as the Traceur Compiler and ES6 Module Transpiler.

    Syntax

    import name from "module-name";
    import { member } from "module-name";
    import {
    member as alias } from "module-name";
    import { member1 , member2 } from "module-name";
    import { member1 , member2 as alias2 , [...] } from "module-name";
    import name , { member [ , [...] ] } from "module-name";
    import "module-name" as name;
    name
    Name of the object that will receive the imported values.
    member, memberN
    Name of the exported members to be imported.
    alias, aliasN
    Name of the object that will receive the imported property
    module-name
    The name of the module to import. This is a file name.

    説明

    objectName パラメータは、インポートされる名前を受け取るオブジェクトの名前です。たとえば、もし fp がエクスポートされ、obj がインポートを行っているスクリプト由来のオブジェクトであるならば、次のコードは、fpobj のプロパティとして、インポートを行っているスクリプトの中でアクセス可能にします。

    import obj.f, obj.p;
    

    最初の構文は、エクスポートされたスクリプトから、指定されたプロパティ、関数、およびオブジェクトをインポートします。

    2 番目の構文は、エクスポートされたスクリプトから、すべてのプロパティ、関数、およびオブジェクトをインポートします。

    一般的に、署名付きスクリプト内の情報は、同じ主体 (principals)によって署名されたスクリプトに対してのみ利用可能です。プロパティ、関数、またはオブジェクトを (export 文を使って) エクスポートすることにより、署名付きスクリプトは、任意の (署名付きまたは署名なし) スクリプトに対してこの情報を利用可能にします。受け取るスクリプトは、その情報にアクセスするために import 文を使用します。

    スクリプトは、そのスクリプトが任意のエクスポートされたプロパティ、関数、およびオブジェクトをインポートし使えるようになる前に、ウィンドウ、フレーム、またはレイヤー内にそのエクスポートスクリプトを読み込まなくてはいけません。

    参照

    export

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Nanto vi, ethertank, teoli, Mgjbot
    最終更新者: teoli,
    サイドバーを隠す