Apply your JS skills to key Mozilla projects as an MDN Fellow! http://mzl.la/MDNFellowship

mozilla
Your Search Results

    String.prototype.indexOf()

    概要

    呼び出す String オブジェクト 中で、指定された値が最初に現れたインデックスを返します。fromIndex から検索を始め、値が見つからない場合は -1 を返します。

    String のメソッド
    実装されたバージョン JavaScript 1.0
    ECMA エディション ECMA-262 1st Edition

    構文

    indexOf(searchValue[,fromIndex]) 

    引数

    searchValue
    検索する値を表す文字列
    fromIndex
    呼び出す文字列内の検索を始めるための位置。0 とその文字列の長さの間にある整数を指定できます。デフォルトの値は 0 です。

    詳細

    文字列における文字は左から右にインデックス化されます。一番最初の文字のインデックスは 0 で、stringName として呼び出された文字列における一番最後の文字は stringName.length - 1 です。

    "Blue Whale".indexOf("Blue");     // 0 を返す
    "Blue Whale".indexOf("Blute");    // -1 を返す
    "Blue Whale".indexOf("Whale", 0); // 5 を返す
    "Blue Whale".indexOf("Whale", 5); // 5 を返す
    "Blue Whale".indexOf("", 9);      // 9 を返す
    "Blue Whale".indexOf("", 10);     // 10 を返す
    "Blue Whale".indexOf("", 11);     // 10 を返す
    

    indexOf メソッドは大文字と小文字を区別します。例えば、以下の表現は -1 を返します。

    "Blue Whale".indexOf("blue")

    例: indexOflastIndexOf の使用

    以下の例は、 "Brave new world" という文字列において、与えられた値の位置を求めるために、indexOflastIndexOf を使用しています。

    var anyString = "Brave new world";
    
    document.write(
        "<P>The index of the first w from the beginning is " +
        anyString.indexOf("w")
    ); // 8 を表示
    
    document.write(
        "<P>The index of the first w from the end is " +
        anyString.lastIndexOf("w")
    ); // 10 を表示
    
    document.write(
        "<P>The index of 'new' from the beginning is " +
        anyString.indexOf("new")
    ); // 6 を表示
    
    document.write(
        "<P>The index of 'new' from the end is " +
        anyString.lastIndexOf("new")
    ); // 6 を表示
    

    例: indexOf と 大文字と小文字の区別

    以下の例は 2 つの文字列の変数を定義しています。それらの変数は、2 番目の文字列が大文字を含んでいることを除けば、同じ文字列を含んでいます。1 番目の writeln メソッドは 19 を表示します。 しかし、indexOf メソッドは大文字と小文字を区別するので、"cheddar" という文字列は myCapString では見つけられません。ですから、writeln メソッドは -1 を表示します。

    var myString = "brie, pepper jack, cheddar";
    var myCapString = "Brie, Pepper Jack, Cheddar";
    
    document.writeln(
        'myString.indexOf("cheddar") is ' +
        myString.indexOf("cheddar")
    );
    
    document.writeln(
        '<P>myCapString.indexOf("cheddar") is ' +
        myCapString.indexOf("cheddar")
    );

    例: ある文字列中で、ある 1 つの文字が出現する回数を数えるための indexOf の使用

    以下の例は、count に、str という文字列中で x という文字が出現する回数を設定します。

    var count = 0;
    var pos = str.indexOf("x");
    
    while ( pos != -1 ) {
       count++;
       pos = str.indexOf("x", pos + 1);
    }

    関連情報

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Potappo, teoli, ethertank, Mgjbot
    最終更新者: teoli,