super

super キーワードは、オブジェクトの親の関数を呼び出すために使用できます。

super.prop および super[expr] 式は、classオブジェクトリテラル の両方におけるあらゆるメソッド定義で有効です。

構文

super([arguments]); // 親コンストラクターを呼び出します。
super.functionOnParent([arguments]);

解説

コンストラクターで使用する場合、super キーワードを単独で置き、this キーワードが使われる前に使用する必要があります。super キーワードは、親オブジェクトの関数を呼び出すためにも使用できます。

クラス内での super の使用

このコードスニペットは、classes sample (実際のデモ) からとっています。super() を利用することで、RectangleSquare のコンストラクターに共通する処理を重複して記述しないようにしています。

class Rectangle {
  constructor(height, width) {
    this.name = 'Rectangle';
    this.height = height;
    this.width = width;
  }
  sayName() {
    console.log('Hi, I am a ', this.name + '.');
  }
  get area() {
    return this.height * this.width;
  }
  set area(value) {
    this.height = this.width = Math.sqrt(value);
  }
}

class Square extends Rectangle {
  constructor(length) {
    this.height; // ReferenceError になります。super を先に呼び出さなければなりません!

    // length の値で親クラスの constructor を呼びます。
    // Rectangle の width と height になります。
    super(length, length);

    // Note: 'this' を使う前に super() をコールしなければなりません。
    // でないと reference error になります。
    this.name = 'Square';
  }
}

静的メソッドでの super の呼び出し

static メソッドでも super を呼び出すことができます。

class Rectangle {
  constructor() {}
  static logNbSides() {
    return 'I have 4 sides';
  }
}

class Square extends Rectangle {
  constructor() {}
  static logDescription() {
    return super.logNbSides() + ' which are all equal';
  }
}
Square.logDescription(); // 'I have 4 sides which are all equal'

super プロパティの削除でエラーが発生

親クラスのプロパティを削除するために、delete 演算子super.propsuper[expr] を使うことはできません。ReferenceError がスローされます。

class Base {
  constructor() {}
  foo() {}
}
class Derived extends Base {
  constructor() {}
  delete() {
    delete super.foo; // this is bad
  }
}

new Derived().delete(); // ReferenceError: invalid delete involving 'super'. 

super.prop は書き込み不可能なプロパティを上書きできない

Object.defineProperty などで書き込み不可プロパティを定義した場合、super はプロパティの値を上書きできません。

class X {
  constructor() {
    Object.defineProperty(this, 'prop', {
      configurable: true,
      writable: false,
      value: 1
    });
  }
}

class Y extends X {
  constructor() {
    super();
  }
  foo() {
    super.prop = 2;   // 値を上書きできない
  }
}

var y = new Y();
y.foo(); // TypeError: "prop" は読み取り専用
console.log(y.prop); // 1

オブジェクトリテラル内での super.prop の使用

super は object initializer / literal 記法内でも使用できます。この例では、二つのオブジェクトがメソッドを定義しています。二つ目のオブジェクトの中で、super が最初のオブジェクトのメソッドを呼び出しています。これは Object.setPrototypeOf() の助けで動作し、これは obj2 のプロトタイプを obj1 に設定するので、supermethod1obj1 上で見つけることができます。

var obj1 = {
  method1() {
    console.log('method 1');
  }
}

var obj2 = {
  method2() {
    super.method1();
  }
}

Object.setPrototypeOf(obj2, obj1);
obj2.method2(); // logs "method 1"

仕様

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報