Number.prototype.toFixed()

toFixed() メソッドは、数を固定小数点表記を用いてフォーマットします。

構文

numObj.toFixed([digits])

引数

digits
オプション。小数点の後に現れる桁の数; これは 0 以上 20 以下の値、実装によっては、さらに広い値の範囲をサポートしているかもしれません。この引数が省略されると、引数は 0 として扱われます。

戻り値

与えられた数値を固定小数点表記を用いてフォーマットした文字列。

例外

RangeError
digits が小さ過ぎたり大き過ぎた場合。0 以上 20 以下の値は RangeError を起こさないでしょう。実装によっては、より大きい、あるいは、小さい値がサポートされているかもしれません。
TypeError
このメソッドが Number ではないオブジェクト上で実行された場合。

説明

toFixed() は、指数表記を使用し、小数点の後に digits を持たない numObj の文字列表記を返します。必要があれば、その数は近似値で表されます。小数部は必要であれば 0 で埋められます。ですから、その数は指定された長さになります。numObj1e+21, より大きい場合、このメソッドは単純に Number.prototype.toString() を呼び出し、指数表記での文字列を返します。

toFixed を使用する

var numObj = 12345.6789;
numObj.toFixed();       // '12346' を返します。: 近似値で表現され、小数部がないことに注意してください。
numObj.toFixed(1);      // '12345.7' を返します。: 近似値で表現されていることに注意してください。
numObj.toFixed(6);      // '12345.678900': 0 を加えていることに注意してください。
(1.23e+20).toFixed(2);  // '123000000000000000000.00' を返します。
(1.23e-10).toFixed(2)   // '0.00' を返します。
2.34.toFixed(1);        // '2.3' を返します。
2.35.toFixed(1);        // '2.4' を返します。この場合、丸められることに注意してください。
-2.34.toFixed(1);       // -2.3 を返す(演算子の優先順位上、マイナスう数値は文字列を返さない)
(-2.34).toFixed(1);     // '-2.3'(括弧を使う場合)

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript 3rd Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。JavaScript 1.5 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Number.prototype.toFixed の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Number.prototype.toFixed の定義
標準  
ECMAScript 2017 Draft (ECMA-262)
Number.prototype.toFixed の定義
ドラフト  

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有)
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有) (有)

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Hixhi, YuichiNukiyama, teoli, ethertank, Potappo
 最終更新者: Hixhi,