AsyncFunction

AsyncFunction コンストラクターは、新しい非同期関数オブジェクトを生成します。 JavaScript では、すべての非同期関数が実際に AsyncFunction オブジェクトです。

AsyncFunction はグローバルオブジェクトではないことに注意してください。これは以下のようなコードで取得することができます。

Object.getPrototypeOf(async function(){}).constructor

構文

new AsyncFunction([arg1[, arg2[, ...argN]],] functionBody)

引数

arg1, arg2, ... argN
形式的な引数名として関数に使用される名前です。それぞれが有効な JavaScript の識別子であるか、カンマで区切った文字列のリストで、例えば "x", "theValue", "a,b" などです。
functionBody
関数定義を構成する JavaScript 文を含む文字列。

解説

AsyncFunction コンストラクターで生成された非同期関数オブジェクトは、関数が生成されたときにパースされます。これは、非同期関数を非同期関数式で定義してからコード内で呼び出す方法ほど効率的ではありません。というのも、そのような関数はコードの残りの部分と共にパースされるからです。

関数に渡されたすべての引数は、渡された順に、作成される関数内の引数の識別子の名前として扱われます。

注: 非同期関数AsyncFunction コンストラクターによって生成された場合、生成コンテキストのクロージャは生成されません。常にグローバルスコープに生成されます。

実行すると、ローカル変数とグローバルグローバル変数にのみアクセスでき、 AsyncFunction コンストラクターが呼び出されたスコープの変数にはアクセスできません。

これは、非同期関数式のコードで eval を使用した場合とは異なります。

AsyncFunction コンストラクターを (new 演算子を使用せずに) 関数として呼び出した場合、コンストラクターとして呼び出したときと同じ効果があります。

AsyncFunction() コンストラクターから非同期関数を生成する

function resolveAfter2Seconds(x) {
  return new Promise(resolve => {
    setTimeout(() => {
      resolve(x);
    }, 2000);
  });
}

let AsyncFunction = Object.getPrototypeOf(async function(){}).constructor

let a = new AsyncFunction('a',
                          'b',
                          'return await resolveAfter2Seconds(a) + await resolveAfter2Seconds(b);');

a(10, 20).then(v => {
  console.log(v); // prints 30 after 4 seconds
});

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
AsyncFunction object の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報