mozilla

String

This translation is incomplete. Please help translate this article from English.

概要

String グローバルオブジェクトは文字列のコンストラクタ、あるいは文字列シーケンスです。

構文

String リテラルは次の様な構文となります。

'string text'

"string text"

String グローバルオブジェクトを直接的に使用する方法は、次の様な構文となります。

String(thing)

new String(thing)

引数

thing
文字列に変換する対象

説明

文字列はテキスト形式で表現可能なデータを保持するのに便利です。最もよく使われる操作として、文字数をチェックする length プロパティ、 + 演算子や += 演算子を用いた文字列の連結、文字列の中の部分文字列の位置をチェックする substring / substr メソッドが挙げられます。

文字へのアクセス

文字列内の個々の文字へのアクセス方法には、二通りの方法があります。そのひとつは charAt メソッドです。

return 'ねこ'.charAt(1); // "こ" が返される

そしてもうひとつは、配列のようなオブジェクトとして文字列を扱い、数値のインデックスを用いる方法です。

return 'ねこ'[1]; // "こ" が返される。
文字への配列のようなアクセス方法(上記のふたつめの方法)は、 ECMAScript 3 仕様には含まれていません。これらは JavaScript と ECMAScript 5 の機能です。

For character access using bracket notation, attempting to delete or assign a value to these properties will not succeed. The properties involved are neither writable nor configurable. (See Object.defineProperty for more information.)

文字列の比較

C 言語では 文字列の比較の為に strcmp() 関数を用います。 JavaScript では単純に 小なり / 大なり演算子を用います。

var a = "a";
var b = "b";

if (a < b) // true
  print(a + " is less than " + b);
else if (a > b)
  print(a + " is greater than " + b);
else
  print(a + " and " + b + " are equal.");

String インスタンスから継承される localeCompare メソッドを使用して同等の結果を得る事もできます。

プリミティブ値としての文字列と String オブジェクトの区別

JavaScript では、String オブジェクトとプリミティブ値としての文字列が区別されることに注意してください。 (真偽値数値 も同様にプリミティブ値とオブジェクトで区別されます。)

文字列リテラル (ダブルクォーテーションかシングルクォーテーションで示されます)、および String 関数を通常通り呼び出した場合 (すなわち new 演算子 を使わずに呼び出した場合) に返される値はプリミティブ値として文字列です。 JavaScript では、必要に応じてプリミティブ値の文字列が自動的に String オブジェクトに変換されますので、プリミティブの文字列に対してメソッド呼び出しを行うことで、String オブジェクトのメソッドを使用することができます。 プリミティブ値に対してメソッドが実行されようとしている場合やプロパティの探索が行われようとしている場合は、JavaScript は自動的にプリミティブの文字列をオブジェクトでラップし、そのオブジェクトに対してメソッド呼び出しやプロパティ探索を行います。

var s_prim = "foo";
var s_obj = new String(s_prim);

console.log(typeof s_prim); // Logs "string"
console.log(typeof s_obj);  // Logs "object"

String primitives and String objects also give different results when using eval. Primitives passed to eval are treated as source code; String objects are treated as all other objects are, by returning the object. For example:

s1 = "2 + 2";               // creates a string primitive
s2 = new String("2 + 2");   // creates a String object
console.log(eval(s1));      // returns the number 4
console.log(eval(s2));      // returns the string "2 + 2"

For these reasons, code may break when it encounters String objects when it expects a primitive string instead, although generally authors need not worry about the distinction.

A String object can always be converted to its primitive counterpart with the valueOf method.

console.log(eval(s2.valueOf())); // returns the number 4

プロパティ

String インスタンスから継承されているPropertiesについては、String インスタンスのPropertiesを参照してください。
prototype
Allows the addition of properties to a String object.
Function から継承されるプロパティ

メソッド

String インスタンスから継承されているMethodsについては、String インスタンスのMethodsを参照してください。
fromCharCode
Returns a string created by using the specified sequence of Unicode values.
Function から継承されるメソッド

String generic methods

The String instance methods are also available in Firefox as of JavaScript 1.6 (though not part of the ECMAScript standard) on the String object for applying String methods to any object:

var num = 15;
alert(String.replace(num, /5/, '2'));

Generics are also available on Array methods.

The following is a shim to provide support to non-supporting browsers:

/*globals define*/
// Assumes all supplied String instance methods already present (one may use shims for these if not available)
(function () {
    'use strict';

    var i,
        // We could also build the array of methods with the following, but the
        //   getOwnPropertyNames() method is non-shimable:
        // Object.getOwnPropertyNames(String).filter(function (methodName) {return typeof String[methodName] === 'function'});
        methods = [
            'quote', 'substring', 'toLowerCase', 'toUpperCase', 'charAt',
            'charCodeAt', 'indexOf', 'lastIndexOf', 'startsWith', 'endsWith',
            'trim', 'trimLeft', 'trimRight', 'toLocaleLowerCase',
            'toLocaleUpperCase', 'localeCompare', 'match', 'search',
            'replace', 'split', 'substr', 'concat', 'slice', 'fromCharCode'
        ],
        methodCount = methods.length,
        assignStringGeneric = function (methodName) {
            var method = String.prototype[methodName];
            String[methodName] = function (arg1) {
                return method.apply(arg1, Array.prototype.slice.call(arguments, 1));
            };
        };

    for (i = 0; i < methodCount; i++) {
        assignStringGeneric(methods[i]);
    }
}());

String インスタンス

プロパティ

constructor
オブジェクトのプロトタイプを生成する関数を指定します。
length
文字列の長さを返します。
N
N 番目の文字にアクセスするために用いられます。N は、0 から length - 1 までの正の整数です。このプロパティは読み込み専用です。
Object から継承されるプロパティ

メソッド

メソッド

HTML に関連しないメソッド

charAt
指定された添え字の文字を返します。
charCodeAt
与えられた添え字の文字の Unicode の値を示す数を返します。
concat
2 つの文字列を連結し、新しい文字列を返します。
contains
文字列中に指定された文字列が含まれているかを返します。
endsWith
文字列の終端に指定された文字列が含まれているかを返します。
indexOf
呼び出す String オブジェクト 中で、指定された値が最初に現れる添え字を返します。指定された値が見つからない場合は、-1 を返します。
lastIndexOf
呼び出す String オブジェクト 中で、指定された値が最後に現れる添え字を返します。指定された値が見つからない場合は、-1 を返します。
localeCompare
参照文字列が、並べ替え順において、与えられた文字列の前後にあるか、あるいは、同じかどうかを示します。
match
文字列に対する正規表現のマッチのために使用されます。
quote
文字列をダブルクォート (""")で囲みます。
replace
正規表現と文字列の間のマッチを見つけ、マッチした部分文字列を新しい部分文字列に置き換えるために使用されます。
search
正規表現と指定された文字列の間のマッチのための検索を実行します。
slice
文字列の一部分を取り出し、新しい文字列を返します。
split
文字列を複数の部分文字列に区切ることによって、String オブジェクトを文字列の配列に分割します。
startsWith
文字列が指定された文字列で開始されているかを返します。
substr
文字列において、指定された位置から指定された文字数の文字を返します。
substring
文字列において、文字列内の 2 つの添え字の間にある文字を返します。
toLocaleLowerCase
文字列内の文字を現在のロケールでの小文字に変換します。ほとんどの言語で、このメソッドは、toLowerCase と同じ結果を返します。
toLocaleUpperCase
文字列内の文字を現在のロケールでの大文字に変換します。ほとんどの言語で、このメソッドは、toUpperCase と同じ結果を返します。
toLowerCase
小文字に変換された文字列の値を呼び出して返します。
toSource
指定されたオブジェクトを表すオブジェクトリテラルを返します。この値を新しいオブジェクトを生成するために使用することができます。Object.toSource メソッドを上書きします。
toString
指定されたオブジェクトの文字列を返します。Object.toString メソッドを上書きします。
toUpperCase
大文字に変換された文字列の値を呼び出して返します。
trim
文字列の最初と最後にある空白を削除します。ECMAScript 5 標準の一部です。
trimLeft
文字列の左側にある空白を削除します。
trimRight
文字列の右側にある空白を削除します。
valueOf
指定されたオブジェクトのプリミティブ値を返します。Object.valueOf メソッドを上書きします。

HTML ラッパーメソッド

非標準

以下のメソッドは、それぞれ、特定の HTML タグでラップされた文字列のコピーを返します。

anchor
<a name="name"> (ハイパーテキストターゲット)
big
<big>
blink
<blink>
bold
<b>
fixed
<tt>
fontcolor
<font color="color">
fontsize
<font size="size">
italics
<i>
link
<a href="url"> (URL へのリンク)
small
<small>
strike
<strike>
sub
<sub>
sup
<sup>

これらのメソッドは、使用に制限があるメソッドで、利用可能なHTML タグと属性のサブセットのみを提供します。

It's possible to use String as a "safer" toString alternative, as although it still normally calls the underlying toString, it also works for null and undefined. For example:

var outputStrings = [];
for (let i = 0, n = inputValues.length; i < n; ++i) {
  outputStrings.push(String(inputValues[i]));
}

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 0.2 (有) 9.0 (有) (有)
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有)

 

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: Potappo, teoli, saneyuki_s, ethertank, Mgjbot, nobuoka, tokkyo
最終更新者: teoli,
サイドバーを隠す