Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

非推奨の機能、廃止された機能

この付録リストは JavaScript で廃止予定 (まだ使用できるが削除する予定) とされた、或いは既に廃止され使用不可となった機能の一覧です。

非推奨の機能

これらの非推奨機能はまだ使用可能かもしれません。しかし将来的には完全に削除されるでしょう。既にあなたがコード内でこれらを使用している場合は、代替となるコードに置き換えておく必要があります。

RegExp オブジェクトのプロパティ

以下のプロパティは非推奨です。これらは文字列置換で使用しても効果がありません。

プロパティ 説明
$1-$9 (もしあれば)括弧で囲まれた部分文字列にマッチします。

警告:このプロパティを使うことで、問題が起きる恐れがあります。なぜなら、ブラウザの拡張がそれらを変更可能なためです。使用は避けるべきです。

$_ input プロパティを参照してください。
$* multiline プロパティを参照してください。
$& lastMatch プロパティを参照してください。
$+ lastParen プロパティを参照してください。
$` leftContext プロパティを参照してください。
$' rightContext プロパティを参照してください。
input 正規表現がマッチする対象となる文字列。
lastMatch 最後にマッチした文字。
lastParen (もしあれば)最後に括弧で囲まれた部分文字列のマッチ。
leftContext 一番最近のマッチに先行する部分文字列。
rightContext 一番最近のマッチの後に続く部分文字列。

以下は、 現在、RegExp インスタンスのプロパティであり、もはや、RegExp オブジェクトのプロパティではありません。

プロパティ 説明
global 対象文字列で可能なマッチ全てに対して正規表現をテストするか、それとも、最初のマッチに対してのみテストするどうかのフラグ。
ignoreCase 文字列でのマッチを適用する際に、大文字と小文字の違いを無視するかどうかのフラグ。
lastIndex 次のマッチが始まる位置。
multiline 複数行に渡って文字列を検索するかどうかのフラグ。
source パターンのテキスト。

RegExp オブジェクトのメソッド

  • compile() メソッドは、非推奨です。
  • valueOf メソッドは、もはや RegExp のみのメソッドではありません。Object.valueOf() を使用してください。

Function オブジェクトのプロパティ

  • callerarguments プロパティは廃止されました。これは呼び出した関数を取得できてしまうためです。この arguments プロパティの代わりに、クロージャ内部の arguments オブジェクトを使うべきです。

旧形式のジェネレータ

イテレータ

Object オブジェクトのメソッド

  • watch および unwatch は非推奨です。代わりに Proxy を使用してください。
  • __iterator__ は非推奨です。
  • __noSuchMethod__ は非推奨です。代わりに Proxy を使用してください。

Date オブジェクトのメソッド

関数

Proxy

let

エスケープシーケンス

  • 文字列及び正規表現リテラル内での、8 進表記のエスケープシーケンス (\ に続く、1 つ、2 つ、もしくは、3 つの 8 進表現の数字) は非推奨です。
  • escape 及び unescape 関数は非推奨です。特殊文字のためのエスケープシーケンスをエンコードかデコードするためには、encodeURIencodeURIComponentdecodeURI もしくは decodeURIComponent を使用してください。

String オブジェクトのメソッド

廃止された機能

これらは JavaScript に於いて完全に廃止されており、現在では使用不可となっています。

Object

プロパティ/メソッド 概要
__count__ ユーザーがオブジェクトに直接定義した、列挙可能なプロパティの個数
__parent__ オブジェクトのコンテキストへのポインタ
Object.prototype.eval() 指定したオブジェクトのコンテキスト内の JavaScript コードの文字列を評価します。
Object.observe() オブジェクトに対する変更を非同期に監視します。
Object.unobserve() observer を削除します。
Object.getNotifier() 総合的に変更をトリガーできるオブジェクトを生成します。

Function

プロパティ 概要
arity 仮引数の個数

Array

プロパティ 説明
Array.observe() 配列に対する変更を非同期に監視します。
Array.unobserve() observer を削除します。

Number

ParallelArray

  • for each...in 文は非推奨です。代わりに for...of を使用してください。
  • 分割代入型 for...in は非推奨です。代わりに for...of を使用してください。

E4X

詳しくは E4X をご覧ください。

シャープ変数

詳しくは Sharp variables in JavaScript をご覧ください。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss, teoli, ethertank, dextra, Nanto vi, Mgjbot, Potappo
 最終更新者: yyss,