Math.atan()

Math.atan() 関数は、引数として与えた数値のアークタンジェントをラジアン単位で返します。

Math.atan(x)=arctan(x)= the unique y[-π2;π2]such thattan(y)=x\mathtt{\operatorname{Math.atan}(x)} = \arctan(x) = \text{ the unique } \; y \in \left[-\frac{\pi}{2}; \frac{\pi}{2}\right] \, \text{such that} \; \tan(y) = x

構文

Math.atan(x)

引数

x
数値です。

返値

与えられた数値のアークタンジェント (ラジアン単位) です。

解説

Math.atan() メソッドは -π2-\frac{\pi}{2} から π2\frac{\pi}{2} までのラジアンの数値を返します。

atan()Math の静的メソッドであるため、生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に Math.atan() として使用するようにしてください (Math はコンストラクターではありません)。

Math.atan() の使用

Math.atan(1);   // 0.7853981633974483
Math.atan(0);   // 0
Math.atan(-0);  // -0

Math.atan(Infinity);   //  1.5707963267948966
Math.atan(-Infinity);  // -1.5707963267948966

// The angle that the line [(0,0);(x,y)] forms with the x-axis in a Cartesian coordinate system
Math.atan(y / x);

様式上の理由から ±Infinity の使用を避けたいと思うことがあるかもしれません。その場合、 Math.atan2() を第二引数を 0 としてを使うとよりよいかもしれません。

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Math.atan の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報