非推奨機能の escape() 関数は文字列を 16 進数エスケープシーケンスに置換します。

構文

escape(str)

引数

str
エンコードする文字列。

戻り値

特定の文字がエスケープされた新しい文字列。

説明

escape 関数はグローバルオブジェクトのプロパティです。特殊文字は(@*_+-./)以外の文字が符号化されます。

文字の 16 進数形式として、文字コードの値が 0xFF 以下になる文字は 2 桁のエスケープシーケンス %xx が、それ以上の場合は 4 桁のエスケープシーケンス %uxxxx が使われます。

使用例

escape("abc123");     // "abc123"
escape("äöü");        // "%E4%F6%FC"
escape("ć");          // "%u0107"

// 特殊文字
escape("@*_+-./");    // "@*_+-./"

仕様

仕様 策定状況 コメント
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
escape の定義
標準 付録 B(参考情報)「互換性」にて定義
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
escape の定義
標準 付録 B(規定情報)「Web ブラウザの ECMAScript 追加機能」にて定義
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
escape の定義
ドラフト 付録 B(規定情報)「Web ブラウザの ECMAScript 追加機能」にて定義

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有)
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有) (有)

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: kimamula, YuichiNukiyama, x2357, SphinxKnight, ssw
 最終更新者: kimamula,