InternalError: too much recursion

メッセージ

Error: Out of stack space (Edge)
InternalError: too much recursion (Firefox)
RangeError: Maximum call stack size exceeded (Chrome)

エラーの種類

InternalError

エラーの原因

自分自身を呼び出す関数は再帰関数と呼ばれます。ある条件を満たすと、関数は自分自身を呼び出すのをやめます。これは基礎ケースと呼ばれます。

いくつかの点で、再帰はループに似ています。両方とも、同じコードを複数回実行し、 (無限ループまたは無限再帰を避けるために) 条件を必要とします。関数の再帰呼び出しが深すぎる場合、または関数が基礎ケースを欠いている場合、 JavaScript はこのエラーを発生します。

終了条件に従って、この再帰関数は 10 回実行されます。

function loop(x) {
  if (x >= 10) // "x >= 10" は終了条件
    return;
  // 何かを実行
  loop(x + 1); // 再帰呼び出し
}
loop(0);

この条件に、非常に大きい値を設定すると動作しません。

function loop(x) {
  if (x >= 1000000000000)
    return;
  // 何かを実行
  loop(x + 1);
}
loop(0);

// InternalError: too much recursion

この再帰関数は基礎ケースを欠いています。脱出条件がないため、この関数は自分自身を無限に呼び出し続けます。

function loop(x) {
 // The base case is missing

loop(x + 1); // 再帰呼び出し
}

loop(0);

// InternalError: too much recursion

Class error: too much recursion

class Person{
	constructor(){}
	set name(name){
		this.name = name; // 再帰呼び出し
	}
}


const tony = new Person();
tony.name = "Tonisha"; // InternalError: too much recursion

値がプロパティ name に代入されるとき (this.name = name;) JavaScript はプロパティを設定する必要があります。これが発生すると、セッター関数が呼び出されます。

set name(name){
	this.name = name; // 再帰呼び出し
}

この例では、セッターが呼び出されたとき、同じことを再度行うように指示されます。つまり、処理しているのと同じプロパティに設定します。これにより、関数は何度も何度も自分自身を呼び出し、無限に再帰が行われます。

この問題は同じ変数がゲッターに使用される場合にも発生します。

get name(){
	return this.name; // 再帰呼び出し
}

この問題を防ぐには、セッター関数の内部で代入しようとしているプロパティが、もともとセッターを起動したものと異なっていることを確認してください。同じことがゲッターにも言えます。

class Person{
	constructor(){}
	set name(name){
		this._name = name;
	}
	get name(){
		return this._name;
	}
}
const tony = new Person();
tony.name = "Tonisha";
console.log(tony);

関連情報