Math.asinh() 関数は、数値のハイパーボリックアークサインを返します。すなわち

Math.asinh(x)=arsinh(x)= the unique ysuch thatsinh(y)=x\mathtt{\operatorname{Math.asinh}(x)} = \operatorname{arsinh}(x) = \text{ the unique } \; y \; \text{such that} \; \sinh(y) = x

構文

Math.asinh(x)

引数

x
数値

Return value

The hyperbolic arcsine of the given number.

説明

asinh()Mathオブジェクトの静的なメソッドなので、自ら生成したMathオブジェクトのメソッドとしてではなく、常に、Math.asinh()として使用するようにしてください(Mathオブジェクトにはコンストラクタがありません)。

Math.asinh() の使用

Math.asinh(1);  // 0.881373587019543
Math.asinh(0);  // 0

ポリフィル

arsinh(x)=ln(x+x2+1)\operatorname {arsinh} (x) = \ln \left(x + \sqrt{x^{2} + 1} \right) の式が手っ取り早く粗い代替式であり、次の関数で大まかにエミュレートできます。

Math.asinh = Math.asinh || function(x) {
  if (x === -Infinity) {
    return x;
  } else {
    return Math.log(x + Math.sqrt(x * x + 1));
  }
};

浮動小数点に関する数多くの問題があるのは公式に正しいものです。正確な結果は glibc or GNU Scientific Library で行われているように、引数の正負や大小の扱いに特殊な要件があります。

仕様書

仕様書 状態 備考
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Math.asinh の定義
標準 初回定義
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Math.asinh の定義
ドラフト  

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung InternetNode.js
基本対応Chrome 完全対応 38Edge 完全対応 ありFirefox 完全対応 25IE 未対応 なしOpera 完全対応 25Safari 完全対応 8WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 25Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 8Samsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 0.12

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, apple502j, SphinxKnight, shide55
最終更新者: mfuji09,