static キーワードは、クラスに静的メソッドを定義します。静的メソッドはクラスのインスタンスから呼び出せません。その代わりに、静的メソッドはクラスそのものから呼び出します。これらは多くの場合、オブジェクトの生成やクローンを行う関数などの、ユーティリティ関数です。

構文

static methodName() { ... }

説明

静的メソッドは、クラスのインスタンスを作らず呼び出せるメソッドです。インスタンス経由では呼び出せません。静的メソッドはアプリケーションのユーティリティ関数を作る際によく使われます。

静的メソッドの呼び出し

他の静的メソッドから

同じクラス内の静的メソッドを静的メソッドから呼び出すには、this キーワードを使います。

class StaticMethodCall {
    static staticMethod() {
        return 'Static method has been called';
    }
    static anotherStaticMethod() {
        return this.staticMethod() + ' from another static method';
    }
}
StaticMethodCall.staticMethod(); 
// 'Static method has been called'

StaticMethodCall.anotherStaticMethod(); 
// 'Static method has been called from another static method'

クラスのコンストラクタや他のメソッドから

静的メソッドは this キーワードから直接呼び出せません。呼び出すには CLASSNAME.STATIC_METHOD_NAME という風に、クラス名をメソッドの前につけないといけません(クラス外で静的メソッドを呼び出すのと同じやり方です)。もしくは、this.constructor.STATIC_METHOD_NAME と、constructor プロパティを使います。

class StaticMethodCall{
    constructor(){
        console.log(StaticMethodCall.staticMethod()); 
        // 'static method has been called' 
        
        console.log(this.constructor.staticMethod()); 
        // 'static method has been called' 
    }

    static staticMethod(){
        return 'static method has been called.';
    }
}

次のコードは、静的メソッドがどうクラスで実装されているか、また静的メンバを持つクラスのサブクラスをどう作るか、そして静的メソッドがどう呼び出せる・または呼び出せないかを説明しています。

class Triple {
  static triple(n) {
    if (n === undefined) {
      n = 1;
    }
    return n * 3;
  }
}

class BiggerTriple extends Triple {
  static triple(n) {
    return super.triple(n) * super.triple(n);
  }
}

console.log(Triple.triple());        // 3
console.log(Triple.triple(6));       // 18
console.log(BiggerTriple.triple(3)); // 81
var tp = new Triple();
console.log(BiggerTriple.triple(3));
// 81 (not affected by parent's instantiation)
console.log(tp.triple());
// 'tp.triple is not a function'.

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
クラスの定義 の定義
標準 導入された
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
クラスの定義 の定義
ドラフト  

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
staticChrome 完全対応 49
補足
完全対応 49
補足
補足 From Chrome 42 to 48 strict mode is required. Non-strict mode support can be enabled using the flag "Enable Experimental JavaScript".
Edge 完全対応 13Firefox 完全対応 45IE 未対応 なしOpera 完全対応 36Safari 完全対応 9WebView Android ? Chrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 13Firefox Android 完全対応 45Opera Android ? Safari iOS 完全対応 9Samsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 6.0.0
完全対応 6.0.0
完全対応 4.0.0
無効
無効 From version 4.0.0: this feature is behind the --use_strict runtime flag.
完全対応 5.0.0
無効
無効 From version 5.0.0: this feature is behind the --harmony runtime flag.

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, segayuu, tzik, YuichiNukiyama, myakura, Marsf
最終更新者: mdnwebdocs-bot,