debugger

debugger ステートメントは、ブレークポイントの設定のような任意の利用可能なデバッグ機能を呼び出します。デバッグ機能が利用可能ではない場合、このステートメントは効果がありません。

構文

debugger;

次の例は、関数が呼ばれたときに(デバッガが起動していれば)デバッガを呼び出すように、debugger ステートメントが挿入されたコードを示します。

function potentiallyBuggyCode() {
    debugger;
    // do potentially buggy stuff to examine, step through, etc.
}

デバッガが呼び出されるとき、実行は、debugger ステートメントで停止します。それは、スクリプトのソースでのブレークポイントのようです。

Paused at a debugger statement.

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Debugger statement の定義
ドラフト
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Debugger statement の定義
標準
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Debugger statement の定義
標準 初期定義。
ECMAScript 3rd Edition (ECMA-262)
Debugger statement の定義
標準
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262)
Debugger statement の定義
標準 予約語として触れるのみ。

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!
機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有)
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有) (有)

関連情報