Apply your JS skills to key Mozilla projects as an MDN Fellow! http://mzl.la/MDNFellowship

mozilla
Your Search Results

    Math

    概要

    数学的な定数と関数を提供するプロパティとメソッドを持つ、組み込みのオブジェクトです。

    詳細

    Math オブジェクトは、トップレベルの、定義済みの JavaScript のオブジェクトです。コンストラクタを用いたり、メソッドを呼ぶこと無しに、自動的にアクセスできます。

    他のグローバルオブジェクトと違って、Math はコンストラクタではありません。 Math オブジェクトの全てのプロパティとメソッドは、静的です。 円周率を表す定数は、 Math.PI として参照でき、正弦 (sine) 関数は、 Math.sin(x) として呼び出すことができます(ここでの x は、メソッドの引数です)。定数は、JavaScript における実数での完全精度で定義されています。

    コードの一部分で複数の Math オブジェクトの定数やメソッドを使うとき、 with 構文を使うと便利なことがよくあります。with 構文を使えば、"Math" を繰り返し入力する必要はありません。例えば、以下のように書けます。

    with (Math) {
       a = PI * r * r;
       y = r * sin(theta);
       x = r * cos(theta);
    }

    【訳注: 但しパフォーマンス上の懸念がある為、あまり with に頼らない方が良いかもしれません。例えば「 var M_PI = Math_PI; 」のように一旦変数に代入しておけば、少なくとも円周率については表記も短くなり、繰り返し円周率を用いる場合のパフォーマンスも向上するかもしれません。】

    プロパティ

    E
    ネイピア数(オイラー数)。これは自然対数の底として用いられる数学定数で、約 2.718 です。
    LN2
    2 の自然対数。約 0.693 です。
    LN10
    10 の自然対数。約 2.302 です。
    LOG2E
    2 を底とした E の対数。約 1.442 です。
    LOG10E
    10 を底とした E の対数。約 0.434 です。
    PI
    円周率。約 3.14159 です。
    SQRT1_2
    1/2 の平方根。つまり、1 割る 2 の平方根。約 0.707 です。
    SQRT2
    2 の平方根。約 1.414 です。
    Object から継承されるプロパティ

    メソッド

    三角関数 (sin, cos, tan, asin, acos, atan, atan2) は角度をラジアンで受け付け、戻り値もラジアンとなる事に注意してください。ラジアンを一般的な角度 (°) に変換するには、Math.PI / 180 で除算し、逆の場合はこの値で乗算します。
    abs
    引数として与えた数の絶対値を返す
    acos
    引数として与えた数のアークコサインをラジアン単位で返す
    asin
    引数として与えた数のアークサインをラジアン単位で返す
    atan
    引数として与えた数のアークタンジェントをラジアン単位で返す
    atan2
    引数の比率でのアークタンジェントを返す
    ceil
    引数として与えた数以上の最小の整数を返す
    cos
    引数として与えた数のコサインを返す
    exp
    Enumber を返す。ここでの number は引数で、E は自然対数の底である、ネイピア数(オイラー数)となる。
    floor
    引数として与えた数以下の最大の整数を返す
    imul
    2 つの引数をとり、C 言語の様な 32 ビット乗算の結果を返す
    log
    引数として与えた数の自然対数(底は E)を返す
    max
    引数として与えた複数の数の中で最大の数を返す
    min
    引数として与えた複数の数の中で最小の数を返す
    pow
    第一引数の値を第二引数の値で累乗した値を返す
    random
    0 以上 1 未満の疑似乱数を返す
    round
    引数として与えた数を四捨五入して、最も近似の整数を返す
    sin
    引数として与えた数のサインを返す
    sqrt
    引数として与えた数の平方根を返す
    tan
    引数として与えた数のタンジェントを返す
    toSource
    文字列 "Math" を返す

    ドキュメントのタグと貢献者

    タグ: 
    Contributors to this page: Potappo, teoli, ethertank, trevorh, Mgjbot
    最終更新者: teoli,