Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

Math は、数学的な定数と関数を提供するプロパティとメソッドを持つ、組み込みのオブジェクトです。関数オブジェクトではありません。

説明

他のグローバルオブジェクトと異なり、Math はコンストラクタではありません。 Math オブジェクトのすべてのプロパティとメソッドは、静的です。 円周率を表す定数πは、Math.PI として参照でき、正弦 (sine) 関数は、Math.sin(x) として呼び出すことができます (ここでの x は、メソッドの引数です)。定数は、JavaScript における実数での完全精度で定義されています。

プロパティ

Math.E
ネイピア数(オイラー数)。これは自然対数の底として用いられる数学定数で、約 2.718 です。
Math.LN2
2 の自然対数。約 0.693 です。
Math.LN10
10 の自然対数。約 2.303 です。
Math.LOG2E
2 を底とした E の対数。約 1.443 です。
Math.LOG10E
10 を底とした E の対数。約 0.434 です。
Math.PI
円周率。約 3.14159 です。
Math.SQRT1_2
1/2 の平方根。1 / √2 と等しく、約 0.707 です。
Math.SQRT2
2 の平方根。約 1.414 です。

メソッド

三角関数 (sin(), cos(), tan(), asin(), acos(), atan(), atan2()) の角度は、引数も戻り値も ラジアン で表すことに注意してください。ラジアンを度 (°) に変換するには、(Math.PI / 180) で除算し、逆の場合はこの値で乗算します。

多くの数学関数の精度は実装に依存するので注意してください。これは、ブラウザごとに結果が異なる場合があることを意味し、同じ JS エンジン上でさえも、OS やアーキテクチャが異なれば結果が異なる場合があります。

Math.abs(x)
引数として与えた数の絶対値を返す。
Math.acos(x)
引数として与えた数のアークコサイン (逆余弦) を返す。
Math.acosh(x)
引数として与えた数のハイパボリックアークコサイン (双曲線逆余弦) を返す。
Math.asin(x)
引数として与えた数のアークサイン (逆正弦) を返す。
Math.asinh(x)
引数として与えた数のハイパボリックアークサイン (双曲線逆正弦) を返す。
Math.atan(x)
引数として与えた数のアークタンジェント (逆正接) を返す。
Math.atanh(x)
引数として与えた数のハイパボリックアークタンジェント (双曲線逆正接) を返す。
Math.atan2(y, x)
引数として与えた数の比率のアークタンジェント (逆正接) を返す。
Math.cbrt(x)
引数として与えた数の立方根を返す。
Math.ceil(x)
引数として与えた数以上の最小の整数を返す。
Math.clz32(x)
引数として与えた数を 2 進数 32 ビット整数値で表した数の先頭の 0 の個数を返す。
Math.cos(x)
引数として与えた数のコサイン (余弦) を返す。
Math.cosh(x)
引数として与えた数のハイパボリックコサイン (双曲線余弦) を返す。
Math.exp(x)
Ex を返す。ここでの x は引数、E は自然対数の底であるネイピア数 (オイラー数)。
Math.expm1(x)
exp(x) から 1 を引いた値を返す。
Math.floor(x)
引数として与えた数以下の最大の整数を返す。
Math.fround(x)
引数として与えた数に近似の 単精度 浮動小数点数を返す。
Math.hypot([x[, y[, …]]])
引数として与えた数の二乗和の平方根を返す。
Math.imul(x, y)
2 つの引数をとり、32 ビット乗算の結果を返す。
Math.log(x)
引数として与えた数の自然対数 (loge) を返す。
Math.log1p(x)
引数として与えた数の 1 + x の自然対数 (loge) を返す。
Math.log10(x)
引数として与えた数の 10 を底とした対数 (log10) を返す。
Math.log2(x)
引数として与えた数の 2 を底とした対数 (log2) を返す。
Math.max([x[, y[, …]]])
引数として与えた複数の値の中で最大の値を返す。
Math.min([x[, y[, …]]])
引数として与えた複数の値の中で最小の値を返す。
Math.pow(x, y)
第一引数の値を第二引数の値で累乗した値 (xy) を返す。
Math.random()
0 以上 1 未満の疑似乱数を返す。
Math.round(x)
引数として与えた数を四捨五入して、近似の整数を返す
Math.sign(x)
引数として与えた数の符号 (正、負または 0) を返す。
Math.sin(x)
引数として与えた数のサイン (正弦) を返す。
Math.sinh(x)
引数として与えた数のサイン (双曲線正弦) を返す。
Math.sqrt(x)
引数として与えた数の平方根を返す
Math.tan(x)
引数として与えた数のタンジェント (正接) を返す。
Math.tanh(x)
引数として与えた数のサイン (双曲線正接) を返す。
Math.toSource()
文字列 "Math" を返す
Math.trunc(x)
引数として与えた数の小数点以下を切り捨てた値を返す。

仕様

仕様書 状況 コメント
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。JavaScript 1.1 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Math の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Math の定義
標準 新メソッドを追加。 log10(), log2(), log1p(), expm1(), cosh(), sinh(), tanh(), acosh(), asinh(), atanh(), hypot(), trunc(), sign(), imul(), fround(), cbrt(), clz32()
ECMAScript 2017 Draft (ECMA-262)
Math の定義
ドラフト  

ブラウザの互換性

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有)
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有) (有)

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf, ryohei_wn, teoli, ethertank, trevorh, Potappo, Mgjbot
 最終更新者: Marsf,