async function expression

async function キーワードは、式内で async function を定義するために使用できます。

構文

async function [name]([param1[, param2[, ..., paramN]]]) {
   statements
}

引数

name
関数名。関数が匿名の場合、省略可能。名前は関数ボディー内のみのローカル。
paramN
関数に渡される引数名。
statements
関数ボディーを構成するステートメント。

説明

async function 式は async function statement と非常に似ており、構文もほとんど同じです。async function 式と async function ステートメントの主な違いは、async function 式は匿名関数を生成するために関数名を省略できる点です。async function 式は、定義後直ちに実行される IIFE(即時実行関数式)として使用することもできます。詳細は function の章を見てください。

シンプルな例

function resolveAfter2Seconds(x) {
  return new Promise(resolve => {
    setTimeout(() => {
      resolve(x);
    }, 2000);
  });
};

(async function(x) { // async function expression used as an IIFE
  var a = resolveAfter2Seconds(20);
  var b = resolveAfter2Seconds(30);
  return x + await a + await b;
})(10).then(v => {
  console.log(v);  // prints 60 after 2 seconds.
});

var add = async function(x) { // async function expression assigned to a variable
  var a = await resolveAfter2Seconds(20);
  var b = await resolveAfter2Seconds(30);
  return x + a + b;
};

add(10).then(v => {
  console.log(v);  // prints 60 after 4 seconds.
});

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript Async Functions
async function の定義
ドラフト 提案

ブラウザー実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer  Edge Opera Safari (WebKit)
基本サポート 55 52.0 (52.0) ? ? 42 ?
機能 Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート ? ? 52.0 (52.0) ? 42 ? 55

 

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama
 最終更新者: YuichiNukiyama,