Math.atanh() 関数は、数値のハイパーボリックアークタンジェントを返します。すなわち

x(-1,1),Math.atanh(x)=arctanh(x)= the unique ysuch thattanh(y)=x\forall x \in \left( -1, 1 \right), \mathtt{\operatorname{Math.atanh}(x)} = \operatorname{arctanh}(x) = \text{ the unique } \; y \; \text{such that} \; \tanh(y) = x

構文

Math.atanh(x)

引数

x
数値。

返値

与えられた数値のハイパーボリックアークタンジェントです。

解説

atanh()Math の静的メソッドであるため、作成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に Math.atanh() として使用するようにしてください (Math はコンストラクターではありません)。

Math.atanh() の使用

Math.atanh(-2);  // NaN
Math.atanh(-1);  // -Infinity
Math.atanh(0);   // 0
Math.atanh(0.5); // 0.5493061443340548
Math.atanh(1);   // Infinity
Math.atanh(2);   // NaN

1よりも大きな値もしくは-1よりも小さな値に対して、NaNが返されます。

ポリフィル

|x|<1\left|x\right| < 1に対して、 artanh(x)=12ln(1+x1-x)\operatorname {artanh} (x) = \frac{1}{2}\ln \left( \frac{1 + x}{1 - x} \right) になり、次の関数でエミュレートできます。:

Math.atanh = Math.atanh || function(x) {
  return Math.log((1+x)/(1-x)) / 2;
};

仕様書

仕様書 状態 備考
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Math.atanh の定義
標準 初回定義
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Math.atanh の定義
ドラフト  

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung InternetNode.js
基本対応Chrome 完全対応 38Edge 完全対応 ありFirefox 完全対応 25IE 未対応 なしOpera 完全対応 25Safari 完全対応 8WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 25Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 8Samsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 0.12

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, apple502j, SphinxKnight, shide55
最終更新者: mfuji09,