関数宣言

関数宣言 (関数文) は、指定された引数を使用して関数を定義します。

また、 Function のコンストラクターと関数式を使用して関数を定義することもできます。

構文

function name([param[, param,[..., param]]]) {
   [statements]
}
name
関数の名前です。
param Optional
関数に渡す引数の名前です。引数の最大数はエンジンによって異なります。
statements Optional
関数の本体を構成する文です。

解説

関数宣言で作成された関数は Function オブジェクトであり、Function オブジェクトのすべてのプロパティ、メソッド、動作を備えています。関数の詳細については Function を参照してください。

関数は式を使用して作成することもできます (関数式を参照)。

既定では、関数は undefined を返します。他の値を返すには、関数に返す値を指定する return 文が必要です。

条件付きで作成される関数

関数は条件付きで宣言できます。つまり、関数文を if 文の中に入れ子にすることができますが、結果は実装によって一貫性がないので、このパターンを本番コードでは使用すべきではありません。条件付きの関数の作成には、代わりに関数式を使用してください。

var hoisted = "foo" in this;
console.log(`'foo' name ${hoisted ? "is" : "is not"} hoisted. typeof foo is ${typeof foo}`);
if (false) {
  function foo(){ return 1; }
}

// In Chrome:
// 'foo' name is hoisted. typeof foo is undefined
//
// In Firefox:
// 'foo' name is hoisted. typeof foo is undefined
//
// In Edge:
// 'foo' name is not hoisted. typeof foo is undefined
//
// In Safari:
// 'foo' name is hoisted. typeof foo is function

真と評価される条件でも結果はまったく同じです。

var hoisted = "foo" in this;
console.log(`'foo' name ${hoisted ? "is" : "is not"} hoisted. typeof foo is ${typeof foo}`);
if (true) {
  function foo(){ return 1; }
}

// In Chrome:
// 'foo' name is hoisted. typeof foo is undefined
//
// In Firefox:
// 'foo' name is hoisted. typeof foo is undefined
//
// In Edge:
// 'foo' name is not hoisted. typeof foo is undefined
//
// In Safari:
// 'foo' name is hoisted. typeof foo is function

関数宣言の巻き上げ

JavaScript の関数宣言は、それを囲む関数やグローバルスコープの先頭に巻き上げられ、関数を宣言する前に使うことができます。

hoisted(); // logs "foo"

function hoisted() {
  console.log('foo');
}

関数式は巻き上げられないことに注意してください。

notHoisted(); // TypeError: notHoisted is not a function

var notHoisted = function() {
   console.log('bar');
};

function の使用

以下のコードは、商品 a, b, c の販売個数が与えられた場合に、販売個数の合計を返す関数を宣言しています。

function calc_sales(units_a, units_b, units_c) {
   return units_a * 79 + units_b * 129 + units_c * 699;
}

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報