TypeError: "x" is read-only

The JavaScript strict mode-only exception "is read-only" occurs when a global variable or object property that was assigned to is a read-only property.

エラーメッセージ

TypeError: Assignment to read-only properties is not allowed in strict mode (Edge)
TypeError: "x" is read-only (Firefox)
TypeError: 0 is read-only (Firefox)
TypeError: Cannot assign to read only property 'x' of #<Object> (Chrome)
TypeError: Cannot assign to read only property '0' of [object Array] (Chrome)

エラーの種類

TypeError

何がうまくいかなかったのか?

値を割り当てようとしたグローバル変数、またはオブジェクトのプロパティが読み取り専用プロパティです。 (技術的には、 non-writable データプロパティ です。)

このエラーは、strict モードコード のときにだけ発生します。strict コードではない場合、割り当ては無視されるだけです。

無効なケース

読み取り専用プロパティはさほど一般的ではありませんが、 Object.defineProperty()、または Object.freeze() を使用して生成できます。

'use strict';
var obj = Object.freeze({name: 'Elsa', score: 157});
obj.score = 0;  // TypeError

'use strict';
Object.defineProperty(this, 'LUNG_COUNT', {value: 2, writable: false});
LUNG_COUNT = 3;  // TypeError

'use strict';
var frozenArray = Object.freeze([0, 1, 2]);
frozenArray[0]++;  // TypeError

JavaScript の組み込みにも、いくつか読み取り専用プロパティがあります。 Math の定数を再定義しようとしたとします。

'use strict';
Math.PI = 4;  // TypeError

残念ながらできません。

グローバル変数の undefined も読み取り専用のため、このようにすると悪名高い "undefined is not a function" エラーが発生します。

'use strict';
undefined = function() {};  // TypeError: "undefined" is read-only

有効な場合

'use strict';
var obj = Object.freeze({name: 'Score', points: 157});
obj = {name: obj.name, points: 0};   // 新しいオブジェクトで置き換える

'use strict';
var LUNG_COUNT = 2;  // `var` が使われているので、読み取り専用ではない
LUNG_COUNT = 3;  // ok (解剖学的にはおかしいけれども)

関連項目